S0425151

東武鉄道は、2017年春に予定しているダイヤ改正に合わせて導入予定の新型特急車両500系の愛称名、ロゴマーク、運転概要の記者発表会を東京都内のホテルで行った。

S0035007

都筑豊東武鉄道取締役鉄道事業本部長、大阿久信二東武鉄道浅草駅長により愛称名、ロゴマークを発表した。

車両愛称名は「Revaty(リバティ)」、500系車両の最大の特徴である併結、分割機能を活かし、多線区で様々な運行を行う「多様性」を表現するとともに、響きが良く覚えやすい短い言葉にすることで末永く愛され続ける愛称名とした。


ロゴマークは、「Revaty」の頭文字である「R」を、様々な色の三角形を複数組み合わせることによってデザインした。三角形は、3両固定編成を併結、分割し、広域な路線をシームレスに運転する多様さを表現している。

S0255061

鈴木孝郎東武鉄道鉄道事業本部運輸部長より運転概要を発表、吉野利哉東武鉄道鉄道事業本部車両部長より車両概要の説明を行った。

S0305085

運転開始時期は2017年春を予定。運転区間と特急列車愛称名は、浅草~東武日光「リバティけごん」、浅草~鬼怒川温泉方面新藤原「リバティきぬ」、浅草~会津田島「リバティ会津」、浅草~館林「リバティりょうもう」、浅草~春日部「スカイツリーライナー」、浅草~大宮・野田市、大宮~運河「アーバンパークライナー」。

S0375127

導入両数は3両固定編成8編成の24両。デザイン監修は奥山清行氏が代表を務める KEN OKUYAMA DESIGN 、デザインは川崎重工業が担当した。

S0455166

S0505191

S0495187

S0565222

内装は、東京スカイツリーのイメージである「白」を基調としながら雄大な大地や樹木のイメージである「木目」を配置し、天井は鬼怒川や隅田川の流れをイメージした柔らかな造形としている。

腰掛は江戸の伝統色である「江戸紫」をモチーフとした配色を使用し、肘掛は江戸の伝統工芸である「印伝」をモチーフにした柄をあしらっている。

S0415147

S0435154

車内アナウンスは、ホリプロアナウンス室所属の久野知美さんが担当する。

車両設備は、TOBU FREE Wi-Fi対応、各座席にテーブル2箇所設置、コンセントの設置、大型フルカラー車内LED表示器、AEDならびに医療支援器具を設置、車いすスペースの設置、車いす対応およびオストメイト付多機能トイレの設置、デッキ部に防犯カメラを設置する。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「【フォトレポート】東武鉄道、新型特急車両500系の愛称名や運転概要を発表!