EC5A1644

大井川鐡道は、日本ナショナルトラストが所有する蒸気機関車C12形164号機と歴史的客車3両の鉄道文化財4両に関し、9月1日付で寄託契約を凍結、将来的に動態復元を目指す方向で調整に入ったことを発表した。

契約対象となる鉄道文化財は、C12形タンク式蒸気機関車164号、スハフ43形特急用3等客車2号、3号、オハニ36形荷物合造客車7号。

日本ナショナルトラストからC12形蒸気機関車を1両と客車3両を預かり、1987年から「トラストトレイン」として運転を開始している。

現在までに、年間5回程度運転してきたがC12形蒸気機関車が休車となったため2005年以後、客車は大井川鐵道が所有するSLかわね路号に連結して運行されていた。今回、両者が協働し、あらためて寄託契約を締結することで、C12形164号機は動態復元への道筋がつき、念願であった全車両連結の形での完全復活に向けて始動することになる。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「大井川鐡道、鉄道文化財の動態保存に向けて合意