_MG_1364

小田急電鉄は、10月15日、16日の2日間「小田急ファミリー鉄道展2016」を開催する。

第1会場の海老名車両基地の車両展示では、3月のダイヤ改正より直通運転を開始したJR東日本のE233系2000番台、東京メトロ16000系、小田急電鉄4000形が勢揃いする。さらに小田急電鉄、JR東日本、東京メトロの3社がブースを設置し、環境負荷の低い鉄道の特性や各社の環境活動の取組みを紹介するパネル展示やクイズ大会を行う「3社合同環境キャンペーン」を開催する。

マルチプルタイタンパー、バラストスイーパー、ダンプトロリー、レール運搬車、斬陸車、延線巻取車などの保守作業車の展示、「ロマンスカー・LSE」と通勤車両8000形、引退した通勤車両5000形の3種類の簡易運転台で運転士体験ができる体験型イベントも行われる。

体験イベントは事前応募制となり、5歳~12歳を対象に各日250名合計500名の限定となる。応募方法は、小田急電鉄ホームページの「小田急ファミリー鉄道展」特設ページ内の「なりきり乗務員 出発進行!」にて9月25日まで受付けている。応募者多数の場合は抽選となる。

第2会場のビナウォークでは向谷実さんによるミュージックライブ、鉄道模型走行会、記念撮影会、鉄道関連グッズ等の販売などの催しも行われる。

入場は無料、第1会場の海老名車両基地内特設会場の開催時間は10時から15時30分まで。第2会場のビナウォークの開催時間は10時から16時まで。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「小田急電鉄、「小田急ファミリー鉄道展2016」を10月15日、16日に開催!