003-3

富士急行は、スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道と姉妹鉄道提携を結んで今年で25周年となるのを記念し、マッターホルン・ゴッタルド鉄道の車両デザインを再現した6000系マッターホルン号の運行を9月15日より開始する。

記念ロゴ

富士山ビュー特急や富士登山電車を手がけた水戸岡鋭治氏のデザインによる25周年記念ロゴマークを制定する。

ワイングラス2

スイスの代表的な観光列車「氷河急行」の車内で販売されている名物お土産の「傾いたワイングラス」を模した記念商品を9月18日より発売。「氷河急行」はスイスの山岳地区を走る列車のため、急勾配が連続し、勾配区間を走行中でも、ワインがこぼれないようにデザインされている。 ロゴマークが赤色、黒色の2種類、2,500円(税込)、富士山ビュー特急車内、フジサン特急車内、富士登山電車車内、富士山駅にて発売する。

入場券外面

「マッターホルン・ゴッタルド鉄道姉妹鉄道25周年記念入場券セット」を9月18日より発売。500部限定、850円(税込)、富士山駅にて発売する。記念入場券の台紙については、「デザインが一部変更となる場合があり」。

一部の普通列車へ記念ロゴヘッドマークを9月15日より掲出する。

(画像提供:富士急行)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「富士急行、姉妹鉄道提携25周年記念「マッターホルン号」運行!