④ホステル(内部・2段ベッドタイプ)

JR東日本グループは、急増している訪日外国人旅行者の多様なニーズを応えるため、気軽に長期宿泊が可能な2つの宿泊施設を開発する。

運行廃止となった寝台特急「北斗星」の2段ベッドや個室寝台の一部実車パーツを内装に再利用、限られたスペースで細部にまでこだわった寝台列車の空間づくりを取り入れた「Train Hostel 北斗星」を
東京・日本橋のJR総武線快速「馬喰町」4番出口直結のビルに開設。地上7階建ての既存ビルの改修工事を実施し、12月中旬のオープンを予定している。

③ホステル(利用する実車パーツ・2段ベッド)

宿泊料金は2,500円から4,000円。全スタッフが英語案内可能で、無料Wi-Fiを導入、ホームページは英語、韓国語、中国語に対応する。大型スーツケースの置き場も設置する。

⑤カプセルホテル(居室)

女性専用カプセルホテル「(仮称)神田カプセルホテル」は東京・神田のJR神田駅徒歩1分の場所に地上7階建の新築ビルを建設、2017年7月のオープンを予定している。

⑥カプセルホテル(パウダールーム)

宿泊料金の中心価格帯は5,000円程度を予定。外国人旅行者への対応としてサインを全て日英表記するほか、ピストグラムにて分かり易く表示。受付では英語で案内もでき、無料Wi-Fi、大型スーツケース預かりサービスを提供。ホームページと予約サイトは英語にて対応する。

両施設では訪日外国人旅行者の交流拠点として、東北地方を中心とした東日本各地の情報発信を行い、各地への旅行需要喚起を行う。

(画像提供:JR東日本)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、「北斗星」の寝台を利用した訪日外国人旅行者向け宿泊施設「Train Hostel 北斗星」と女性向けカプセルホテルをオープンへ