_MG_1930

つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道は、10月15日にダイヤ改正を実施すると発表した。

今回のダイヤ改正では、初列車の時刻繰り上げ、終列車の時刻繰り下げ、列車の増発、運転パターンの見直し等を行い、さらなる利便性向上を図る。

現行の初列車である守谷発5時09分秋葉原行「普通」の前に、守谷発5時04分秋葉原行「区間快速」を増発する事で、始発駅の守谷をはじめ、停車駅である柏の葉キャンパス、流山おおたかの森、南流山、三郷中央の各駅の上り初列車「秋葉原行」の時刻を5~7分繰り上げる。

初列車の時刻を繰り上げる事で、北千住~秋葉原間の各駅への到着時刻が9~10分繰り上がり、早朝の都心方面へ、新幹線や航空機の早朝便利用などの利便性向上を図る。

早朝~朝間時間帯および夕方~深夜時間帯でも、列車の増発と一部列車の種別変更を行い、利便性の向上や混雑緩和を図る。

平日ダイヤは17本を増発し、1日の運転本数を444本に、土曜・休日ダイヤは11本を増発し、1日の運転本数を382本とする。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「首都圏新都市鉄道、10月15日にダイヤ改正を実施!