d10701-11-822772-1

JR東海は、 東海道新幹線の駅構内において、 ヤマハが開発したアプリケーション「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を実施する。

試験は日本語のアナウンス放送のスマートフォン等に多言語に翻訳された文字として表示し、訪日外国人や音を聞きづらいお客様などへの情報提供の充実を目指すもの。 東海道新幹線の一部の駅で本サービスを試行し、有用性について検証していくとしている。

「おもてなしガイド」の翻訳機能を駅の放送装置と組み合わせ、駅における日本語アナウンス放送をスマートフォン等に日本語や任意の外国語に翻訳表示する。 対応言語は日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語。鉄道環境下での音声認識の正確性やシステムの安定性など技術的な課題を確認する。

「おもてなしガイド」の翻訳機能を活用して日本語アナウンス放送の後に英語アナウンスを自動的に付加して放送する機能も確認する。試験期間は8月26日から2018年3月末までの予定。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東海、ヤマハが開発したアプリケーション「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を8月26日から開始!