metoro-kasumigaseki2

東京メトロは、現行のLEDから液晶ディスプレイの新型行先案内表示器(日本信号 薄型情報表示システム HALF LCD eco)に変更する。

視認性を向上し、列車の行先や発車時刻だけでなく列車の現在位置や停車駅、運行情報等を表示することが可能となる。表示言語は現行の日本語、英語の2か国語表示に、中国語(簡体字)と韓国語を追加し、分かりやすい案内をする。

8月5日に日比谷線霞ケ関駅から導入を開始し、2016年度中に日比谷線、千代田線、半蔵門線の各駅で順次導入を進め、他路線の各駅も含めて2019年度までに東京メトロ全線に設置を完了する予定となっている。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「東京メトロ、日比谷線霞ヶ関駅ホームに新型行先案内表示器を設置 8月5日から導入開始!