_MG_0375

JR東日本は、全国的に人気を集める五能線に、6年ぶりとなる新型車両「新型リゾートしらかみ『橅』編成」を7月16日からの運行を前に報道陣に公開した。

_MG_0473

外観コンセプトは、橅の木立ちをグラデーションで表現し、ナチュナルなグリーンの濃淡で優しい木漏れ日を感じさせるデザインとした。

デザインは、「KEN OKUYAMA DESIGN」代表奥山清行氏が担当した。

_MG_0612

内装コンセプトは、雄大な白神山地や夕日の沈む日本海などの美しい風景を車内から楽しめる開放感のある空間とした。

_MG_0752

_MG_0660

4両編成、先頭車両の1、4号車に設置の展望ラウンジは、青森・秋田産の工芸品やシンボルツリーで非日常空間を演出する。

_MG_0813

_MG_0836

2号車はボックス席、各ボックスにはブナコ製の照明を備え付けている。

_MG_0774

一部のボックス席は座席をフルフラットに組み変えることができる。

_MG_0885

_MG_0904

3号車は「ORAHO」カウンター、地酒やスイーツなど沿線の「うまいもの」を販売する。

_MG_0942

青森県西海岸唯一の酒造である尾崎酒造の「吟醸 斜陽館」、弘前で14代続く造り酒屋・丸村酒造「大吟醸 白神ロマンの宴」などの地酒を販売する。

_MG_0425

新型リゾートしらかみ「橅」編成は、HB-E3000系車両で4両編成の定員142名、動力はディーゼルハイブリッドシステムを採用。

_MG_0605

7月16日、秋田駅8時20分発「リゾートしらかみ1号」より営業運転を開始する予定となっている。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「【フォトレポート】JR東日本、新型リゾートしらかみ「橅」編成を報道陣に公開!