エクステリアイメージ(リリース用)

東武鉄道は、2017年春に導入予定の新型特急500系を、起点である浅草から野岩鉄道会津鬼怒川線を経由し、会津鉄道会津線の会津田島まで乗り入れることを決定した。

「さまざまな運行形態で運用可能な速達性と快適性を持った特急列車」を開発コンセプトとしている新型特急は、途中駅での併結分割により目的地に合わせたシームレスな利用が可能となるがその目的地の一つとして福島県の会津エリアへの乗り入れを実現する。

この乗り入れにより首都圏から川治温泉、湯西川温泉、塩原温泉といった日本有数の温泉地を有する野岩鉄道沿線や、裏磐梯や大内宿、鶴ヶ城など魅力ある観光スポットを有する会津エリアへさらなる誘客を図る。

新型特急500系は、奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が監修。車両設備は東武鉄道初となる車体動揺防止制御装置を全車両に搭載、車内でのWi-Fi環境やPC電源を整備し、乗り心地の向上、サービス向上を図る。特急スペーシア、特急りょうもうに加え、2017年春に3両固定8編成の24両を導入する。

(画像提供:東武鉄道)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「東武鉄道、新型特急車両500系が2017年春より野岩鉄道、会津鉄道へ乗り入れ!