kawasemi-yamasemi

JR九州は、新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車「かわせみ やませみ」の運行を2017年春より開始すると発表した。

かわせみ(翡翠)、やませみ(山翡翠)は、自然豊かな渓流に生息する小鳥で、球磨川流域に生息している。かわせみの漢字表記は球磨川の輝く水面の色を想起させる。球磨川沿線の自然や、人吉の町並みの美しさを表す名前として「かわせみ やませみ」を列車名とする。

運行区間は、鹿児島本線、肥薩線 熊本~八代~人吉間、運転本数は毎日運転、1日3往復程度を予定している。

コンセプトは球磨川という自然豊かな渓流を飛び回る「かわせみ やませみ」をイメージ、「いさぶろう・しんぺい」の運行する急勾配が続く通称「山線」に対し急流球磨川に寄り添う通称「川線」に相応しいデザインとする。

車両は気動車2両編成で定員は70名程度を予定している。

(画像:「かわせみ やませみ」のイメージ JR九州のニュースリリースから)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR九州、新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車の列車名とデザインが決定!