EC5A6515

JR東日本は、世界最速の芸術鑑賞「 GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」が上越新幹線の越後湯沢~新潟間で4月29日にデビューするのを前に、報道陣向けの試乗会を実施した。

EC5A6054

エクステリアデザインは、写真家で映画監督の蜷川実花氏によるもので「長岡の花火」を浮かび出すデザイン。

EC5A6061

注目のアーティストがこの列車のため制作した現代アートが各車両に展示されており、新幹線で移動しながら現代アートを鑑賞するというユニークな演出が体験できる。

16-EC5A6271

新潟方先頭車両16号車は、インテリアをアーティストのブライアン・アルフレッド氏が手掛けた。

15-EC5A6225

15-EC5A6631

15号車のインテリアを担当する、アーティストの荒神明香氏。

14-EC5A6150

14号車はのインテリアを担当するのは、写真家の石川直樹氏。

13-EC5A6140

13号車のカフェのインテリアを担当するのは、アーティストの古武家賢太郎氏。

13-EC5A6170

カフェでは、菓子研究家のいがらしろみ氏監修による「十日町すこやかファクトリー」で製造したスイーツや「ツバメコーヒー」こだわりのコーヒーが提供される。

13-EC5A6072

13号車のキッズスペースのインテリアは、アーティストのパラモデル(アートユニット)が手掛けた。キッズスペースのプラレールは設置例であり常設をしているわけでない。

12-EC5A6370

12号車のインテリアは、アーティストの小牟田悠介氏が担当。

11-EC5A6420

11号車のインテリアを担当するのは、アーティストの松本尚氏。

11-EC5A6602

夜間またはトンネル内の際、ブラインドに模様が浮かびあがる工夫がされている。

11-EC5A6297

11号車指定席は、一般販売のきっぷにて乗車が可能。

EC5A6474

営業運転時は、越後湯沢~新潟間を主に土休日に3往復運転する。

EC5A6645

12号車から16号車までは旅行商品での発売となる。なお、7月以降については12号車から16号車は自由席として発売を予定している。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「【フォトレポート】JR東日本、走る美術館「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」の運転開始を前に報道陣向け試乗会を実施!