危険物

JRグループは、2015年6月30日に発生した東海道新幹線「のぞみ225号」での車内放火事件を受け、鉄道車内に持ち込める手回り品のルールを、4月28日に一部改正する。

これまで、容器を含む重量が3キログラム以内であれば持ち込み可能であった、ガソリンをはじめとする可燃性液体は量に係わらず車内への持ち込みができなくなる。

ただし、可燃性液体を含むものであっても、酒類・化粧品類・医薬品など日常の用途に使用するもので、小売店などで一般的に購入可能な製品については、2リットル以内又は容器を含む重量が2キログラム以内であれば、引き続き車内に持ち込み可能となる。また、高圧ガス、可燃性固体についても、小売店などで一般的に購入可能な製品については、2リットル以内又は容器を含む重量が2キログラム以内であれば持ち込みできる。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JRグループ、鉄道車内に持ち込める手回り品のルールを一部改訂!