_MG_6229

JR北海道は、3月26日に開業した北海道新幹線の開業後3日間の利用状況を発表した。

新青森~新函館北斗駅間の「はやぶさ」「はやて」の利用は、開業日の3月26日は下りが約8,200人、上りが約6,000人の合計約14,200人。3月27日は下りが約3,800人、上りが約4,900人の合計約8,700人、3月28日は下りが約3,000人、上りが約3,800人の合計約6,800人で、一日平均は約9,900人であった。

座席別乗車率の3日間合計で普通車が約43%、グリーン車が39%、グランクラスが64%であった。

各駅の利用実績は入場券利用者を除く、自動改札利用の乗車人員では、開業日の3月26日は、新函館北斗駅が約4,000人、木古内駅が約600人、奥津軽いまべつ駅が約500人。3月27日は、新函館北斗駅が約3,400人、木古内駅が約300人、奥津軽いまべつ駅が約200人。3月28日は、新函館北斗駅が約2,500人、木古内駅が約200人、奥津軽いまべつ駅が約100人であった。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR北海道、北海道新幹線開業後の利用状況を発表!