keio-1

京王電鉄は、2018年春に有料の座席指定列車の運行を開始する。夜間の帰宅時間帯に、新宿駅発京王八王子・橋本行きとして運行する。

これにあわせ、新型車両5000系を、10両編成を5編成の計50両導入する。外観はシャープな正面形状を採用し、既存車両との違いを明確にするとともに、正面のカラーリングに黒を用いることにより、スマートな列車を表現した。内装は沿線にある「高尾山」の木々の深いブラウンと、「繊維の街・八王子」の絹糸をモチーフに華やかな室内空間を表現し、上質さを演出する。車いすとベビーカースペースを書く車両に設置するほか、空気清浄機、無料の無線LAN、電源などを装備する。

クロスシートからロングシートに転換できる座席を採用することで、座席指定列車の時には進行方向に座席が向くクロスシート、それ以外は通勤車両と同じロングシートで運行する。投資額は約100億円で、料金や愛称は未定。

Traicy配信記事

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「京王電鉄、有料の座席指定列車を2018年春に導入 帰宅時間帯の新宿駅発で