genbi-3

JR東日本は、新しい鉄道の未来を切り拓く取り組みの一つとして、単なる移動手段でなく列車に乗ることが旅行の目的となるような列車づくりを進めており、新潟エリアに”移動する現代アートの美術館”とカフェ空間やキッズスペースなどを設置した”アートカフェ新幹線”として、世界的な写真家の蜷川実花氏がデザインし、列車自体をキャンパスに見立て、外観に「長岡の花火」を描き出した「GENBI SHINKANSEN」(現美新幹線)を4月29日から運転を開始とすることを発表した。

運行ダイヤは、臨時列車「とき」号として越後湯沢~新潟間の各駅に停車。4月~6月は3往復運転。

発売方法については、11号車指定席は一般発売、12号車から16号車までは旅行商品での発売(13号車はカフェスペース)で自由席での利用はできない。なお7月以降については12号車から16号車は自由席としての発売を予定している。

一般発売は3月29日10時より全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社で発売する。びゅう旅行商品は3月1日14時よりJR東日本のびゅうプラザ、主な旅行会社で発売する。

13号車カフェスペースでは、菓子研究家のいがらしろみ氏監修による「十日町すこやかファクトリー」で製造したスイーツや、「ツバメコーヒー」こだわりのコーヒーの提供を予定している。

(画像提供:JR東日本)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、4月29日デビューの「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」の運転やダイヤなど決定