世界中の大手通信サービスプロバイダー(CSP)50社以上を対象にした調査の結果

米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 通信サービスプロバイダーのためのソフトウエアネットワーク変革の加速とネットワーク経済のあり方の変革に傾注しているマベニールは、新しい世界的調査「5G通信事業者調査」の結果を発表します。この調査は2017年11月に、ヘビー・リーディングが完了したばかりのもので、世界中の大手通信サービスプロバイダー(CSP)50社以上の5G開発/導入計画について、重要な新知見を明らかにしています。


注目点の1例として、計94%と圧倒的多数のCSPが自社の5Gネットワークに、クラウドRANアーキテクチャーを部分的ないし全面的に導入する意向であると回答しました。ヘビー・リーディングの主任アナリストのガブリエル・ブラウン氏は、「当社の調査から、5G導入のためのアーキテクチャーとして、クラウドRANが強く支持されていることが分かりました。回答は、通信事業者が高度な4G/5Gネットワークを導入している中で、クラウドRANが広く採用されていくことを示しています」と指摘しています。

さらに、高度な4Gを基盤とする5G戦略という点で、5Gは革命的というより進化的だとの見方が支配的でした。

マベニールのパーディープ・コーリ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これらのモバイル通信事業者の5G戦略は高度な4Gを基盤に構築するというものです。この進化的な戦略はまさに、今日なされる決定がモバイルネットワーク経済に大きな影響を与えていくことの理由となっています。4G/5G導入アーキテクチャーとしてクラウドRANが強く支持されていることが、今回の調査で分かりました。この新知見以外にも当社はすでに、モバイル通信事業者がマベニールのクラウドRANを導入することで設備投資を49%、運営経費を年間31%削減可能であるということを把握していました1。」

ヘビー・リーディングのブラウン氏は、次のように語っています。「モバイル通信事業者がオープンスタンダードを好むのは、エコシステムにおける革新成果を活用できるからです。この調査は、それがRANとコアの分野にも当てはまることを示しています。」

近い将来にはデータ多用型の多数の使用事例が予想されており、本報告書のその他の重要な調査結果からは、CSPがこれらの使用事例に対応できるよう、SDN(ソフトウエアディファインドネットワーク)を導入する意向であることが分かりました。個々のSDN戦略は大きく異なりますが、5Gネットワーク構築で成功するには、クラウドベースのアーキテクチャー上に構築するネットワークスライシング/エッジコンピューティングプラットフォームが不可欠であると、回答者は広く認識していました。

マベニールのクラウドRANは、仮想化をネットワークエッジまで拡張し、現在の専有的ソリューションで必要な帯域幅の10分の1で、イーサネットフロントホール(FH)を介して、リモートラジオユニット(RRU)を仮想化クラウドベースバンドユニット(vBBU)と連動できるようにし、戦略的差別化を実現しています。クラウドRANはこれまで除外されていたフロントホールソリューションを使用し、COTSプロセッサー上でラジオインターフェースを処理することに道を開くものであり、すべてがTCOに大きな影響を与えます。

調査の詳細については、当社へお問い合わせください。

マベニールについて:

マベニールは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社のソリューションは100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニールはVoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブスケールの経済を達成するソリューションにより、マベニールは収益確保・経費削減・収益保護のソリューションをCSPに提供します。www.mavenir.com

Mavenir、Mロゴ、CloudRangeはマベニール・システムズが所有する商標です。

Copyright © 2017 Mavenir Systems, Inc. All Rights Reserved.

1 マベニールのTCOに関する調査(http://info.mavenir.com/cloudran-tco-white-paper

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mavenir
Maryvonne Tubb
pr@mavenir.com
or
Loren Guertin
mavenir@matternow.com
or
Hannah Locke
mavenir@hotwirePR.com

情報提供元:
記事名:「CSPの94%が5G導入でクラウドRANを使用する計画