ブースターを接続することで、完全な保護機能を備えた、最大 60 A のピーク ゲート電流で駆動する拡張可能なドライブを実現

カリフォルニア州サンノゼ発--(BUSINESS WIRE)--中~高電圧インバータ アプリケーション向け IGBT 及び MOSFET ドライバ技術で業界をリードする Power Integrations (Nasdaq: POWI) は、本日、SCALE-iDriver™ IC ファミリー SID1102K の最新のメンバーを発表しました。SID1102K は、ワイドボティの eSOP パッケージに収められた、シングルチャンネルの絶縁型 IGBT 及び MOSFET ゲート ドライバです。最大 5 A のピーク ドライブ電流を特長とするこの新しい部品は、ブースターを接続しなくても 300 A スイッチを駆動可能ですが、外付けブースターを使用することで、ゲート電流を最大 60 A ピークまでコスト効率よく拡張できます。このデバイスには、ロー サイドとハイ サイドの両方のブースター MOSFET スイッチに対応する N チャンネル ドライブが装備されていて、システム コストの削減、スイッチング損失の最小化、電力容量の増加を実現します。



強化絶縁は、Power Integrations の革新的な固体絶縁 FluxLink™ 技術によって実現されています。FluxLink 技術を搭載することでフォトカプラは不要になり、信頼性と耐久性が向上します。SCALE-iDriver 技術により部品点数が削減されるため、設計と製造がシンプルになり、SID1102K IC 及び 8 つの外付け部品だけを使用して完全なドライバを構築できます。このデバイスには、低電圧ロックアウト、単一電源出力からのレイルツーレイルの安定出力電圧、優れたコモンモード過渡耐性、及び 9.4 mm の沿面距離と空間距離を含む、システムレベルの保護機能が用意されています。

Power Integrations のゲート ドライバ製品担当シニア マーケティング ディレクターである Michael Hornkamp は、次のように述べています。「新しい SID1102K ゲート ドライバ IC は、実装しやすい、スケーラブルなソリューションを実現します。これにより、重要な安全及び保護機能が単一のコンパクトかつ強固なパッケージに収められるため、設計者の開発期間が短縮されます。」

主要アプリケーションには、UPS、標準 AC ドライブと VFD、太陽光発電/ソーラー システム、商用エアコン、DC 充電器、溶接機器などがあります。デバイスは現在発売されており、10,000 個ロット時の単価は 1.52 米ドルです。SID1102K IC の技術サポートは、Power Integrations のウェブ サイト ( www.power.com/products/SID1102K) から受けることができます。

Power Integrations について

Power Integrations, Inc. は、高耐圧電力変換用半導体技術で業界をリードする革新的企業です。Power Integrations の製品は、クリーン電源エコシステムに欠かせない要素になっており、再生可能エネルギーの生成を可能にするとともに、ミリワットからメガワットに及ぶ用途で効率的な電力伝送と消費を実現します。詳細は、www.power.com をご覧ください。

Power Integrations、FluxLink、SCALE、SCALE-iDriver、及び Power Integrations ロゴは、Power Integrations, Inc. の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。


Contacts

メディアのお問い合わせ
Power Integrations, Inc.
Peter Rogerson, 408-414-8573
peter.rogerson@power.com
または
プレス関係のお問い合わせ
BWW Communications
Nick Foot, +44-1491-636 393
nick.foot@bwwcomms.com

情報提供元:
記事名:「最大 5 A の電流を供給する Power Integrations の新しいゲート ドライバにより、システムの簡易化とコスト削減を実現