新たな投資により、付加製造技術を世界的に商業化するダイバージェントの取り組みが加速

ロサンゼルス & 香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 自動車産業における持続可能な製造革命を創出する技術開発・ライセンス会社のダイバージェント3Dは、シリーズBの資金調達を発表しました。これは2017年12月15日あるいはそれ以前に完了する予定です。このシリーズBでは6500万ドル以上が調達され、投資家はさらに4000万ドルを追加でき、これにより収益成長をさらに加速させます。調達資金の総額は、追加投資を含めて1億700万ドルです。投資グループは、香港を基盤とする投資持株会社のオーラックス・ホールディングス・リミテッド(オーラックス)が主導し、グループには、ホライゾンズ・ベンチャーズ上海アライアンス・インベストメント・リミテッドアルトラン・テクノロジーズが含まれます。


ダイバージェントは、創設者兼最高経営責任者(CEO)のケビン・チンガーが2014年に設立しました。当社の特許取得済みのエンドツーエンド型ソフトウエア・ハードウエア・ソリューションは、自動車および航空宇宙産業の高度な車両構造体の設計、エンジニアリング、製造に3Dメタルプリントを組み込んでいます。独自のダイバージェント・プロダクション・システム(Divergent Production System™)は、先行投資の資本集約的な工場や工具の投資を必要とせず、軽量構造体の大量生産に向けた構造設計と最適化を自動的に行います。

チンガーCEOは次のように述べています。「ダイバージェントのシステムは、市場の需要に機敏に対応できるため、自動車メーカーやテクノロジー企業は、非常に迅速に技術革新を実現でき、ほんのわずかなコストで大量生産を拡大すると同時に、環境破壊を抑制します。持続可能な製造と輸送の推進に取り組む大手投資持株会社であるオーラックスは、ダイバージェントと使命を同じくし、自動車業界における破壊的技術の重要性を十分に理解しています。当社の成長とビジョンをサポートする企業と提携できることを大変うれしく思っています。」

重要な財政的節目となるシリーズBの資金調達により、ダイバージェントの技術の商業化が加速され、世界的に、特に急拡大する中国の電気自動車市場において、この技術を普及させるための追加資金を得ることができます。ダイバージェントは、今後も、自動車メーカーやテクノロジー企業との非排他的パートナーシップを通じて、経済的および環境的に変革を起こす製造ソリューション、すなわち、より安全で強く、より収益性の高い環境配慮型の車両を量産するソリューションの普及を強力に推進します。

ダイバージェントは、2016年1月、シリーズA資金調達の最初のクロージングを発表し、シリーズA資金調達では総額2300万ドルを調達しました。それ以降、技術開発・ライセンス会社である当社は、その製造ソリューションを世界的に認められ、アルトラン、SLMソリューションズおよびPSAグループ(プジョー、シトロエン・DS)との戦略的パートナーシップを築いてきました。

ダイバージェント3Dについて

ダイバージェント3Dは、3Dプリントの力を活用して、自動車製造におけるイノベーションを引き出します。その画期的な技術プラットフォームは、自動車などの複雑な構造体の設計と製造の経済性と環境への影響を変革します。ダイバージェントの地球を守る製造アプローチは、コストのかかる従来の工具や設備投資を必要とせずに、少量生産および大量生産のいずれもが可能であり、メーカーは新しい車両モデルを素早く複製・考案し、競争上の強みを得ることができます。テクノロジー企業として、ダイバージェントは、次世代の車両を製造するために、世界のOEMや革新的な新興企業と提携しています。ダイバージェント3Dは、このほど、ピーターセン自動車博物館のリーダーシップ&イノベーション賞を獲得しました。詳細についてはwww.divergent3d.comをご覧ください。

オーラックス・ホールディングスについて

オーラックス・ホールディングス・リミテッド(奥立仕)は、香港を拠点とする投資持株会社であり、電気自動車の世界的普及を加速し、持続可能な製造と輸送に向けて世界を後押しするテクノロジーを基盤とする企業の開発に注力しています。オーラックスは、最近、日本の電気自動車およびエンジニアリング・ソリューション会社であるGLM株式会社を買収し、著名な香港の起業家、投資家、慈善家である李嘉誠氏から多額の投資を受けました。当グループは主として、腕時計の販売、宝飾品の卸売取引、鉱業、貸し金業および証券投資に携わっています。

ホライゾンズ・ベンチャーズについて

李嘉誠氏の個人投資部門であるホライゾンズ・ベンチャーズは、世界で最も革新的な企業と破壊的技術の主要な投資家です。これらの企業には、フェイスブック、スポティファイ、インポッシブルフーズ、インプロバブル、ズーム、ブロックストリーム、ソウルマシーンズ、クロマデックスなどがあります。詳細は、http://horizonsventures.com/をご覧ください。

SAILについて

上海アライアンス・インベストメント・リミテッドは、上海市政府のプライベート・エクイティおよびベンチャーキャピタル部門です。当社は、ハイテク、メディア、エンターテインメント、インフラストラクチャー、金融サービス、通信、医療、ライフサイエンス、および、クリーンエネルギー、新素材、環境保護などの新興低炭素セクターに投資しています。上海アライアンス・インベストメント・リミテッドは1994年に設立され、中国・上海に拠点を置いています。

アルトランについて

アルトランは、エンジニアリング・研究開発サービス(ER&D)の世界的リーダーとして、お客さまに、未来の製品とサービスを開発することで革新を起こす新しい方法を提供します。アルトランは、構想から産業化まで、プロジェクトのバリューチェーンのあらゆるリンクにおいてお客さまと共に活動しています。30年以上にわたり、当グループは、航空宇宙、自動車、防衛、エネルギー、金融、ライフサイエンス、鉄道、通信部門などの主要企業に専門知識を提供してきました。アルトランは2万7000人以上の従業員を擁し、20カ国以上にオフィスを構えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ID-PR
Lydia You, 323-822-4849
divergent@id-pr.com

情報提供元:
記事名:「ダイバージェント3Dが、シリーズBおよび関連する資金調達を発表