印ラクナウ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウッタル・プラデーシュ州のシリ・ヨギ・アディティナット・ジー首相は本日、HCL財団最大規模の社会的責任(CSR)イニシアチブ「Samuday」(サムデイ)を発表しました。これは、モデル農村を設立する農村地帯開発イニシアチブであり、これまで同州で約60万人の生活を支援してきました。



HCL財団は、HCLテクノロジーズのCSR部門であり、2015年にSamuday(サムデイ)プロジェクトを立ち上げました。現在、このプロジェクトは、ウッタル・プラデーシュ州ハルドイ地区の3つのブロックで実施されています。サムデイは、開始以来、教育、農業、生活、健康、インフラ、水と衛生の分野における対策を通して、720村9万世帯の約60万人に影響を及ぼしてきました。

これに際し、ウッタル・プラデーシュ州のシリ・ヨギ・アディティナット・ジー首相は次のように述べています。「HCLがウッタル・プラデーシュ州でサムデイを開始したことは喜ばしいことです。HCLはウッタル・プラデーシュ州から事業を開始し、今では世界的なコングロマリットに成長しました。このようなHCLが同社最大規模のCSRプロジェクトでウッタル・プラデーシュ州を選んだことを誇らしく思っています。このプロジェクトの精神が、最後の1人まで助けることになると確信しています。」

2年強で、サムデイは、380室以上のICTベースの教室を設立し、1865人が成人識字プログラムに参加しました。サムデイはまた、さまざまな対策の対象者である5000人の農民に参加してもらい、5500個のトイレを建設しました。これは現在使用されています。また、現在、63の村で、49台の小規模太陽光発電設備を建設中です。この財団は2000人の妊婦と7000人の重度栄養不良の子供たちを支援しています。

HCLコーポレーション最高経営責任者(CEO)でHCLテクノロジーズ取締役会CSR委員会議長のローシュニー・ナダール・マルホートラ氏は次のように述べています。「HCL財団では、革新的で創造的な開発モデルにより、好ましい社会的変化を起こせると考えています。ウッタル・プラデーシュ州は当社が事業を開始した場所に近いことから、このプロジェクトを開始する場として最適な土地です。サムデイ・モデルにより、世界全体で、持続可能で柔軟性があり、再現可能な計画案を開発できると思っています。」

サムデイ・プロジェクト・ディレクターのナヴプリート・カウル氏は次のように述べています。「HCLのサムデイは、教育、生活、健康、インフラ、水と衛生、農業の分野におけるさまざまな対策により、好ましい影響をもたらすでしょう。ウッタル・プラデーシュ州政府には、継続的な奨励とサポートに感謝しています。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

HCL
Shruti Roy
shruti.roy@hcl.com
または
Ajay Davessar
ajay.davessar@hcl.com

情報提供元:
記事名:「シリ・ヨギ・アディティナット・ジー州首相がHCL最大規模のCSRイニシアチブ「Samuday」(サムデイ)を発表