ビッグハート財団は、10カ国の64万7000人以上に健康、教育、緊急支援を提供

アラブ首長国連邦シャルジャ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 継続的な人命救援活動を強化する重要なステップとして、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点とする世界有数の人道支援組織であるビッグハート財団(TBHF)は、その人道特使としてシャルジャ・メディア・カウンシル会長のシェイク・スルタン・ビン・アーメド・アル・カシミを任命しました。



ビッグハート財団は当初は2013年に資金調達キャンペーンとして設立され、その後2015年に完全な人道支援財団になりました。その後ビッグハート財団は、60万人を超える難民や苦境に置かれた人々の生活を好ましい方向に変化させる活動を続けてきました。その中心は、戦争や危機の影響を受けた地域から逃げ出した女性や子供であり、そのような国の例としては、パレスチナ、レバノン、シリア、イラク、ヨルダン、トルコ、エジプト、インドネシアがあります。

ビッグハート財団は、UAEで三番目に大きい首長国のシャルジャに拠点を置き、シャルジャ首長殿下の妻であるシェイカ・ジャワヘル・ビン・ムハンマド・アル・カシミ妃殿下が会長を務めています。ビッグハート財団は、シェイク・スルタン・ビン・アーメド・アル・カシミのUAEおよびMENA地域の慈善分野における目を見張る活動を認知することを発表しました。

ビッグハート財団人道特使として、シェイク・スルタン・ビン・アーメド・アル・カシミは、コミュニティーによる支援を地域的にも国際的にも継続的に動員し、世界各地の難民や恵まれない人々を代弁し、ビッグハート財団によるUAE、湾岸地域、その他における強力な人道パートナーシップの構築を支援します。

この任命により、人道キャンペーンの世界的推進・支援におけるシャルジャの国際コミュニティーでの先進的役割が強化されます。

ビッグハート財団はまた、国家・地域の行政組織、国際人道組織、国連機関との協力を増やすためにも重要な役割を果たしています。ビッグハート財団とそのパートナーは、主要都市から農村遠隔地まで、さまざまな国・地域で活動し、個々の衝突地域で異なる実情に合わせてプログラムを調整しています。

人道支援を緊急に必要とする人々への働きかけを最大化できるようにビッグハート財団を支援するには、寄付のページをご覧ください:http://tbhf.ae/donate-bigheart/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

National Network Communications (NNC)
Fadia Daouk, Mob: +971 52 617 2111

情報提供元:
記事名:「世界の難民を支援する新たな人道特使