遺伝子検査等の拡大はヘルスケアエコシステムにとってチャンス

マサチューセッツ州ボストン--(BUSINESS WIRE)--戦略的思考、革新的知見、そして技術集約型の新産業に関する専門知識で知られるコンサルタント会社、アーサー・D・リトルは本日、診断法の未来、個人向け遺伝子サービスの成長ポテンシャルについて論じたレポートを発表しました。


「診断法の未来-急成長する個人向け遺伝子サービス」と題するレポートにおいて、遺伝子サービス企業は、ゲノム検査を一般化し、間もなくグローバルにおいて180億ドル規模に迫る産業の急転換を促す超革新的(ディスラプティブ)な勢力と位置づけられています。この変化は製薬会社、支払者、医療提供者、医療技術企業に影響を及ぼすでしょう。

質の高い医療をめざすアウトカム重視の環境にあっては、遺伝子情報へのアクセスが治療の有効性に欠かせません。本レポートによれば、新しい検査技術によって、医薬品メーカーは臨床試験を強化でき、支払者は治療効果の厳正な承認が可能になり、患者はアウトカムにもっと信頼を置くことができます。

アーサー・D・リトルのパートナー、Craig Wylieは次のように述べています。「遺伝子解析は医療関係者の専売特許でしたが、いまや一般消費者のものになりました。新しい消費者志向の産業は、個々人が自身のリスクを知り、管理するうえでのサポートを提供できます。また、新しい分析法の導入が続けば、突然変異ベースのバイオマーカーにとどまらず、実用的なバイオマーカーがもっと幅広い疾患に適用できるようになるでしょう」

レポートでは、消費者中心の遺伝情報時代にどう適応すべきかという提言のほか、生命にかかわる病気や不治の病に対応する際、遺伝情報が正確な医療オプションをいかに強化・拡大するかという分析も行っています。

レポートへのリンク: www.adl.com/Futureofdiagnostics

アーサー・D・リトルについて

アーサー・D・リトルは1886年以来、イノベーションの最前線に立ってきました。収斂する技術集約型産業において戦略、イノベーション、変革を効果的に関連づけることができるリーダー的存在として知られています。変化の激しいビジネスエコシステムのなか、クライアントが新たな成長機会を見いだすお手伝いをします。また、イノベーション能力の構築や組織変革の実現を可能にします。

当社のコンサルタントは業界での実践経験が豊富で、重要なトレンドやダイナミクスに関する知識も豊富です。アーサー・D・リトルは全世界の重要なビジネスセンターに拠点を有し、フォーチュン1000企業のほとんど、その他の有力企業や公共機関を顧客にしています。

詳しくはwww.adlittle.comをご覧ください。


Contacts

米国問い合わせ先:
Longview Strategies
Kristina Markos
Kmarkos@Longviewstrategies.com
978.225.9251
または
欧州/日本問い合わせ先:
Catalyst Comms
Cate Bonthuys
+44 7746546773
cate@catalystcomms.co.uk

情報提供元:
記事名:「アーサー・D・リトル、遺伝子検査の急成長および 業界全体への影響に関するレポートを発表