オートメーション・フェア・イベントを11月15~16日にジョージ・R・ブラウン・コンベンション・センターで開催



ミルウォーキー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ロックウェル・オートメーションの経営陣は、ヒューストンがハリケーン「ハービー」と「イルマ」の打撃を受けてから数週間を経た今、同地で年次イベントのオートメーション・フェアを開催すべく、自信を持って計画を前進させています。ロックウェル・オートメーションの社長兼最高経営責任者(CEO)のブレイク・モレは、次のように述べています。「最近のハリケーンで大きな打撃を被ったヒューストンのコミュニティーと被災者の皆さまに、心からお見舞い申し上げます。当社はヒューストン市を支援する決意をしており、このイベントがコミュニティーと地域の復興の一助となることを願っています。」

ロックウェル・オートメーションは、すでに復旧作業が進んでいることに感銘を受けています。毎年数千人の来場者で賑わう本イベントが成功裏に開催されるよう、ビジット・ヒューストン、グレーター・ヒューストン・コンベンション・アンド・ビジターズ・ビューロー、ジョージ・R・ブラウン・コンベンション・センターと緊密に協力しながら、計画を立てています。

ロックウェル・オートメーションと当社の世界的なパートナーネットワーク・プログラムのメンバー企業が主催する2017年オートメーション・フェアの登録を、現在受付中です。このイベントは世界中のメーカーや生産者に、コネクテッド・エンタープライズの実現を支援する最新の製品、サービス、ソリューションを見る機会を提供します。

モレ最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「今年のイベントは、企業が業務全体に制御機能と情報を統合することで、協業体制の改善、問題解決の迅速化、生産性の向上を実現して、測定可能なビジネス成果を達成できるように支援することに重点を置いています。当社は今後も、産業分野の企業と社員が生産性を向上できるように、熱意を持って取り組んでいきます。」

オートメーション・フェア・イベント

11月15~16日に140以上の展示を行い、ロックウェル・オートメーションと当社のパートナーネットワークのメンバー企業が、工業生産における最新の製品革新を紹介します。来場者は展示会場全体で、多数の製品デモを見たり、業界専門家と交流したりできます。さらに来場者は、19の実践的な技術ラボに登録し、最新技術を体験できるほか、90を超える技術セッションに参加できます。また化学、設計・調達・建設、飲食料品、機械・機器メーカー、石油・ガス、電力・エネルギー管理、紙パルプ、上下水道、製造における多様性と包摂を含む9つのフォーラムで、顧客や業界リーダーからベストプラクティスについて学ぶことができます。

プロセス・ソリューションズ・ユーザー・グループ(PSUG)

さらに11月13~14日には、PSUGにさまざまな業界から運用、IT、設計の専門家が何百人も集まり、ベストプラクティスを共有し、業績を改善するための新しいプロセス自動化技術について学ぶ機会となります。イベントでは約25の技術セッション、10の実践的ラボ、ロックウェル・オートメーションの顧客による25以上のプレゼンテーションが実施されます。イベントでは、一連のオープンフォーラム形式のパネルディスカッションも行います。

世界的なメディア・イベント「オートメーション・パースペクティブ」

11月14日に行う世界的な年次メディア・フォーラム「オートメーション・パースペクティブ」は、報道関係者と業界アナリストを迎え、世界の製造と生産における課題や、業績を後押しし、産業の生産性向上に役立っているオートメーションの動向と技術を紹介します。経営幹部と業界の専門家が、デジタル化がもたらす機会と課題を管理するための戦略や、先進製造のニーズに対応可能な高度なスキルを持つ労働力育成に向けた提携やプログラムなどについて共有します。

2017年オートメーション・フェア・イベント、PSUG、世界的なメディア・フォーラムのオートメーション・パースペクティブの登録を現在受付中です。

ロックウェル・オートメーション・パートナーネットワーク・プログラムについて

ロックウェル・オートメーション・パートナーネットワーク・プログラムは、世界のメーカーがさまざまな企業による協業的ネットワークを利用できるようにします。これらの企業は、工場全体を最適化し、機械のパフォーマンスを向上させ、持続可能性に関する目標を達成できるように、クラス最高のソリューションの開発・導入・サポートに傾注しています。

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業オートメーションと情報ソリューションに専心する世界最大の企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約2万2000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

Automation Fair、LISTEN. THINK. SOLVE、PartnerNetworkは、ロックウェル・オートメーションの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Rockwell Automation
Kristen Crump
414.544.2076
klcrump@ra.rockwell.com
or
Padilla
Beatrice Zvosec
612.455.1914
beatrice.zvosec@padillaco.com

情報提供元:
記事名:「ロックウェル・オートメーションがヒューストンを支援する決意を示す