顧客満足度スコア「ネット・プロモーター・スコア」が2013年から84ポイント上昇

日本、東京--(BUSINESS WIRE)--デジタルコンテンツ配信のグローバルリーダーのライムライト・ネットワークス(Nasdaq:LLNW)は、顧客満足度調査の指標「ネット・プロモーター・スコア」(NPS)1が2013年比で84ポイント、前年比で14ポイント上昇し、過去7回の調査で継続的に上昇していると発表しました。


NPSは、顧客が特定の会社の製品やサービスを人に勧めたいと思う度合いを-100から100までの数値で表した指標です。ライムライトでは、ネット・プロモーター・スコアを顧客満足度の指標として使用しています。調査ではお客様からの忌憚のないフィードバックも受け付けており、それらを生かしてライムライトはサービスやサポートの向上に努めています。

ライムライト・ネットワークスのボブ・レント最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ライムライトの業績の好転と、当社の製品やサービスに対するお客さまの満足度の向上には明らかな相関関係があります。当社のネット・プロモーター・スコアが幅広い領域で上昇し続けていることを非常にうれしく思います。NPSの結果から、当社は最優秀の業績の技術企業の一角を占めているものと考えています。」

全体として過去最高のNPSを達成したことに加え、今回の顧客満足度調査では、調査対象となった各地域(アメリカ、ヨーロッパ・中東・アフリカ、アジア太平洋地域)、でもそれぞれ過去最高の NPSを達成し、また自社史上最高の顧客回答率を実現しました。

ライムライト・ネットワークスのGeorge Vonderhaar最高販売責任者(CSO)は、次のように述べています。「当社は今後も、これまで以上に高水準の品質の実現、お客様の個別ニーズに応える機能の提供、そしてお客様サポートのための地域拡大に傾注していきます。お客様のニーズに応えることがライムライトの全従業員にとって最優先事項であり、今回のような好成績は当社が顧客サービスに傾注し、従業員が献身してきたことの成果であると嬉しく思います。」

1 Net Promoter、Net Promoter System、Net Promoter Score、NPSおよびNPS関連の顔文字は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて下さい。

【ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社について】

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、ビジネス、エンターテイメントの新しい形を実現するコンテンツデリバリネットワークサービスを提供する米国ライムライト・ネットワークス社(本社:米国アリゾナ州  NASDAQ上場証券コード:LLNW)の日本法人として2007年に設立されました。グローバルで実績のあるライムライト・ネットワークスの独自アーキテクチャーは、お客様が配信を希望される様々なフォーマットのコンテンツを多種多様なデバイスに対し最も効率の良い方法で配信いたします。

https://jp.limelight.com/


Contacts

【お客様からのお問い合わせ先】および【メディアの皆様のお問い合わせ先】
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社
マーケティング本部  星
Tel: 03-5571-4230 Email: info-jp@llnw.com

情報提供元:
記事名:「ライムライト・ネットワークス 顧客満足度調査スコアが上昇し過去最高を達成