世界第3位の規模を誇るブックフェアの第36回イベントのテーマは「A World Inside My Book(私の本の中の世界)」

アラブ首長国連邦シャルジャ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 11月1~11日に開催される第36回シャルジャ国際ブックフェア(SIBF)には、60カ国の出版社1650社以上が参加して150万点以上の書籍を展示します。アラブ首長国連邦(UAE)で3番目に大きい首長国であるシャルジャで開催される今年のイベントは、11日間にわたる文学、知識、文化の祭典です。そのテーマは、「A World inside My Book(私の本の中の世界)」です。



シャルジャ書籍管理局が主催する世界第3位の規模を誇るブックフェアの今年のイベントでは、1万4625平方メートルの会場に48カ国から393人のゲストが来場し、2600件以上のイベントに参加します。拡大を続けるこのブックフェアには、韓国、バングラデシュ、デンマークが初めて参加します。

SIBF 2017のイベント日程は、文化プログラム、文化カフェ、知的プログラム、料理コーナーなど、いくつかのプログラムにまたがっています。今年のイベントで実施されるプログラムで最も広範なのはキッズプログラムで、このプログラムでは20カ国の44人のゲストが1632件のアクティビティーを紹介します。SIBFでは、ソーシャルメディアステーションも主催します。ここでは、ソーシャルメディアで影響力のある人々が33件のアクティビティーとワークショップを開催し、時事問題、文化問題、メディア問題、社会問題に取り組みます。

シャルジャ書籍管理局(SBA)は、ブリティッシュ・カウンシルが主催する英国(UK)とUAEの文化交流年「UK/UAE 2017」の一環として、英国を「名誉国」とすることも発表しました。

SIBFは今回初めて、特別パビリオン「未来ゾーン」を設置します。ここでは、デジタル書籍を専門とする主要企業10社が集まり、その経験と最新の出版物を紹介します。

SIBF 2017の目玉は、第4回SIBF/ALA会議です。SBAが米国図書館協会(ALA)と連携して毎年開催しているこのイベントは、米国外で開催される唯一のALA会議です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

National Network Communications (NNC)
Fadia Daouk, Mob: +971 52 617 2111

情報提供元:
記事名:「2017年シャルジャ国際ブックフェアで150万点以上の書籍を展示し、2600件以上のイベントを実施