~ ライムライト・ネットワークスのデジタルコンテンツダウンロード調査レポート結果〜

TOKYO--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)--世界最大規模のプライベート・ネットワーク経由で配信されるコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供するライムライト・ネットワークスは、デジタルコンテンツのダウンロードに関する実態について、日本、アメリカ、韓国、インド、イギリス、フランス、ドイツの約3,500人を対象にアンケート調査を実施しました。


デジタルコンテンツをダウンロードする際に最も苛々する点を聞いたところ、日本の回答者の4割以上が、時間がかかり過ぎることと回答しました。この結果は、グローバル全体回答の比率(29.9%)と比較して、遥かに高くなっています。またグローバル全体の回答の20%以上が、ダウンロードで苛々することはないと回答していますが、日本の回答者の割合は約16%に留まっています。さらに、日本の27.72%が「途中で中断されたとき、また最初からやり直さなければならないこと」にストレスを感じていることが明らかになりました。一方で「ダウンロードができないとき」と回答したのは、グローバルの22.6%と比較して、日本は15.33%でした。

「ダウンロード中に問題が発生した場合、だれの責任になると思いますか」という質問に対しては、複数回答でソフトウェアベンダー(サービス提供者)という回答の割合が日本では、約40%と最も高くなっていました。一方、全世界では「インターネット接続業者」との回答が最も多く42.1%を占めています。

また、さまざまなコンテンツの入手方法について聞いた結果、日本はグローバルと比較して、書籍、新聞、雑誌、CDを購入する割合が高いことがわかりました。例えば、書籍/新聞/雑誌について、日本では19.04%がダウンロード、36.9%が印刷物を購入すると回答していますが、グローバルでは38.6%がダウンロード、24.4%が印刷物を購入となっています。その他のコンテンツについても同様の傾向が見られました。映画・TVに関しては30%以上がDVDを購入と回答、ゲームについては40%以上がディスクを購入、音楽については30%以上の人がCDを購入しています。

この調査結果を受けて、ライムライトはコンテンツ配信の際に企業が検討するべき点を以下に挙げています。

  • 消費者がコンテンツのサンプルを取得しやすい仕組みを作る
  • マルチデバイスでのコンテンツの取得を確実に可能にする
  • ダウンロード体験を最適化するために最適なストレージを兼ね備えたCDNを配備する

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社のカントリーマネージャー、田所隆幸は、以下のように述べています。「今回の調査で、他の国々と比較して、日本ではデータのダウンロード時間を気にする人の割合が高いことがわかりました。また文章や音楽などのコンテンツをデジタルではなく、書籍やCDでいまだに購入している割合が高くなっています。コンテンツのデジタル化は日々進んでおり、ネットワーク経由でのコンテンツ入手は今後更に加速していきます。日本市場にはCDNが普及する余地がまだまだあると考えられます。CDNを利用することでダウンロードがスムーズになり、ユーザはデジタルコンテンツを手軽にかつストレスなく楽しめるようになります。ライムライト・ネットワークスは、高品質なCDNサービスの提供を通じて日本市場を牽引していきます」

調査レポートのサマリは、こちらからご参照いただけます。
また調査レポート全文(英文)はこちらからご覧いただけます。

【ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社について】
ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、ビジネス、エンターテイメントの新しい形を実現するコンテンツデリバリネットワークサービスを提供する米国ライムライト・ネットワークス社(本社:米国アリゾナ州  NASDAQ上場証券コード:LLNW)の日本法人として2007年に設立されました。グローバルで実績のあるライムライト・ネットワークスの独自アーキテクチャーは、お客様が配信を希望される様々なフォーマットのコンテンツを多種多様なデバイスに対し最も効率の良い方法で配信いたします。
https://jp.limelight.com/


Contacts

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社
マーケティング本部 星
Tel: 03-5571-4230 Email: info-jp@llnw.com

情報提供元:
記事名:「日本人は「コンテンツのダウンロードに時間がかかるのが我慢できない」という傾向が明らかに