急成長する金属積層造形メーカーのシンタビアと大手工作機械企業のTRUMPFが、航空宇宙への応用で機械の適格性を確保する提携で合意

米フロリダ州デイビー--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 金属積層造形(AM)サービスの世界的独立系大手企業シンタビアと、工作機械およびレーザー分野に生産ソリューションを提供する有力ハイテク企業のTRUMPFグループは本日、メタルプリンターのTRUMPF TruPrintを世界の航空宇宙産業に普及促進する提携契約を発表しました。工業用部品・粉体の管理機能を備えたTRUMPF TruPrint 3000をフロリダ州デイビーのシンタビアの製造施設に導入することを含むこの契約は、両社にとって新たな戦略的提携の始まりとなります。



このスマート・ニュース・リリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170925005150/en/

シンタビアのブライアン・R・ネフ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「TRUMPFは、ハイテク工作機械やレーザーの業界で世界的に認められているリーダーであり、機械加工顧客のサポートでは同社が世界最高です。さらに、TruPrint 3000のビルドチャンバーは完全にモジュール式で安全であり、これはシンタビアの新しいリーン生産設備の要件です。私たちは、TruPrint 3000でTRUMPFと協力し、今後、関係を深めていくことを大変喜んでいます。」

TRUMPFノースアメリカのゼネラルマネジャーのラルフ・キンメルは、次のように述べています。「精密工具製造とハイテクレーザーへの応用におけるTRUMPFのリーダーシップとシンタビアの垂直配向型製造プラットフォームという組み合わせは、両社にとってウィンウィンの展開になると感じています。TruPrint 3000は、スケーラブルで適格性の確保が可能です。私たちは、シンタビアが航空宇宙分野の多数の顧客と共にこれらのプロセスを進めていく際に協力できることを楽しみにしています。」

両社は、TruPrint 3000の導入目標日を2018年初めに定めています。

シンタビアについて

2012年に設立されたシンタビアは、航空宇宙・防衛、石油・天然ガス、自動車、地上発電といった重要産業のための金属AMを手掛ける一社完結型の世界的なリーダー企業です。精密後処理装置、完全装備された機械的検査機器、総合的な金属・粉体研究室に加え、高速プリンターを同じ施設内に設置しているシンタビアは、重要産業向けの高品質部品のパラメーターの最適化、連続製造、監査を実現しています。シンタビアは業界最高水準の品質基準を追求しており、AS9100、ISO17025、ANABの認定を取得しているほか、OASISに登録し、ITARに準拠しています。詳細情報については、http://www.sintavia.comをご覧ください。

TRUMPFについて

ハイテク企業のTRUMPFは、工作機械およびレーザー分野での生産ソリューションを提供し、コンサルティング、プラットフォーム、ソフトウェアの提供を通じて、製造業におけるデジタル接続を推進しています。TRUMPFは、フレキシブルなシートメタル加工や工業用レーザーに使用される工作機械の世界的な技術・市場リーダーです。約1万2000人の従業員を擁するTRUMPFグループは、2016/17年に、31億ユーロの売上高を達成しました。70社以上の子会社があり、欧州、南北アメリカ、アジアのほぼすべての国に代理店があります。ドイツ、フランス、英国、イタリア、オーストリア、スイス、ポーランド、チェコ共和国、米国、メキシコ、中国、日本に製造施設を置いています。TRUMPFの詳細情報については、www.trumpf.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170925005150/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sintavia, LLC
Carolyn Allan, 954-474-7800
www.sintavia.com

情報提供元:
記事名:「シンタビアとTRUMPFが戦略的提携を発表