チューリヒ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界初の協働型双腕ロボットのユーミィは、火曜日(9月12日)にピサのベルディ劇場で行われたオペラでデビューを果たし、イタリアのテノール歌手のアンドレア・ボチェッリ氏とルッカ・フィルハーモニー交響楽団を指揮しました。ユーミィはスイスの先進技術企業であるABBが製造したロボットで、ボチェッリ氏の紹介で舞台に登場しました。ボチェッリ氏は、ベルディ作曲リゴレットの有名なアリア「La Donna è Mobile」(女心の歌)を歌いました。ユーミィはまた、このオペラの初日に、完売した劇場の観客の前で、プッチーニとマスカーニの作品も指揮しました。観客として、ユーミィの開発を主導したABBのウルリッヒ・シュピースホーファー最高経営責任者(CEO)も来場しました。この独自のデモにより、高度なロボット工学と芸術の融合による可能性が示されました。



追加資料:

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

CONTACT:
ABB
Media Relations
media.relations@ch.abb.com
+41 43 317 71 11

情報提供元:
記事名:「ABBのユーミィ・ロボットが、ピサでアンドレア・ボチェッリとルッカ・シンフォニー交響楽団を指揮し注目を集める