キプロス・ニコシア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ブロックチェーン・ソリューションとアグリカルチャー3.0コンセプトに基づいて農業資産をトークン化するスマートランズ・プラットフォームの開発者が、プロジェクトの新規仮想通貨公開(ICO)を発表しました。


スマートランズ・プラットフォームの開発者は、農業市場にとって革新的な技術を作りだしました。プラットフォームの目標は、農業市場の収益性の高い実物資産を担保とする低リスク・トークンの新しいクラスを生み出すことを目指すものです。

現在までに、さまざまな業界(不動産、金融など)で資産担保トークン(ABT)が利用されていますが、農業市場、特に園芸農業は、利益率が高くリスクの低い機会を提供するため、多大な投資可能性を秘めています。ABTは文字通り、資産に担保されリスクは最小限に抑えられていますが、スマートランズで発行されるABTは、株式へ投資した場合と同様の期待収益も提供します。

土地と森林は長期的な資産であり、短期的には価格の変動が少ないのが特徴です。同時にスマートランズは、ハイテクとITソリューションを活用して、高い効率性と透明性を実現します。

戦略・事業開発担当ヘッドのDmitriy Ruzhickiyは、次のように述べています。「当社のプラットフォームは、安全で不正のない、透明性と信頼性のある投資機会のために、理解しやすい共通ルールを作ります。プラットフォームを通じて、現在大企業だけが享受しているIPOの利点を中小企業に提供したいというのが私たちの願いです。」

このプラットフォームは、プルーフ・オブ・コンセプトとして、プロジェクトチームの実物資産を対象として最初のプロジェクトを開始します。実物資産はクルミの木5000本を擁する面積50ヘクタールの産業クルミ農園で、プロジェクトはデロイトとUSPAによって監査が行われます。

スマートランズは、プラットフォームのパートナーとして農業技術企業のエコシステムを創出し、将来的にはビジネスアクセラレーターから支援を得られる可能性もあります。

スマートランズ・ブロックチェーン・プラットフォームの開発は、2016年終わりに開始されました。プロジェクトの目標は、農業市場を暗号通貨投資家に開放し、世界の農産業の持続可能な開発に貢献することです。プロジェクトは、金融、農業、ブロックチェーン分野の国際的な専門家グループが率いています。プラットフォームのパイロット・プロジェクトはクルミ農園です。

詳細および技術レビューと市場レビューについては、ウェブサイトをご覧ください:http://smartlands.io

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Smartlands
Taras Gaptar
+44 203 5146272
tgaptar@smartlands.io

情報提供元:
記事名:「スマートランズ・プラットフォームが農業市場を世界の暗号通貨投資家に開放