カイ・クローネンベルクが中国最高代表責任者に就任

上海--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大の自動車ホイールメーカーのマキシオン・ホイールズは本日、世界最大の自動車市場における成長戦略に重点的に取り組むために上海事務所を開設したことを発表しました。



現在、マキシオン・ホイールズのグローバル事業開発およびイノベーション担当バイスプレジデントを務めるカイ・クローネンベルクが、マキシオン・ホイールズの中国における最高代表責任者の任務も担います。クローネンベルクは、国際および中国OEM市場におけるシェアの拡大に重点を置いた当社の中国における成長目標の達成の責任を負うことになります。

マキシオン・ホイールズの最高経営責任者(CEO)のピーター・クリンカーズは、次のように述べています。「当社の事業に対する情熱と進歩に対する飽くことなき姿勢を有するクローネンベルクは、今回人選を行った戦略的経営幹部に最適な人物です。クローネンベルクとそのチームがこれから挑む市場には多くの期待が寄せられており、クローネンベルクの指揮の下での事業の発展を大変楽しみにしています。」

クローネンベルクは、地域および国際情報技術企業向けサービスの責任者として2004年にマキシオン・ホイールズに入社しました。2013年には、事業開発担当バイスプレジデントに就任しました。マキシオン・ホイールズは、クリンカーズを責任者とし、クローネンベルクがサポートする形で2014年に新たな構造的イノベーションに着手しました。2015年にクリンカーズがマキシオン・ホイールズの最高経営責任者(CEO)に就任したことを機に、クローネンベルクがグローバル・イノベーションの責任者を引き継ぎ、その後、一段の事業の発展を推進しました。

マキシオン・ホイールズの上海事務所の住所は、以下の通りです:Suite #05, 22F, Tower 1 of Shanghai ARCH; No. 523 Loushangguan Road, Changning District, Shanghai, China。

マキシオン・ホイールズについて

イオシペ・マキシオンの一部門であるマキシオン・ホイールズは、乗用車、軽トラック、バス、商用トラック、トレーラーのホイールを製造する一流企業です。当社は農業車と軍用車に加え、オフハイウェイアプリケーションのホイールも生産しています。100年以上に及ぶホイール製造の経験と世界で1万人の従業員を擁するマキシオンは世界最大のホイールメーカーであり、年間5600万個のホイールを生産しています。当社は5大陸15カ国の28拠点から世界のOEM顧客にサービスを提供しており、アメリカ大陸・欧州・アジアに最先端の技術センターを有しています。詳細情報についてはマキシオン・ホイールズのウェブサイト(www.maxionwheels.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Colleen Hanley
Global Director, Marketing and Communications
Maxion Wheels
Tel: +1 (734) 737-5204
Mobile: +1 (248) 916-2477
Email: colleen.hanley@maxionwheels.com

情報提供元:
記事名:「マキシオン・ホイールズ、拡大する顧客基盤を支えるために上海事務所を開設