―10分間の超急速充電で30km運行を実現―

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 電気自動車の車両開発、テクニカルコンサルティング、部品販売を行う(株)ピューズ(本社:東京、代表取締役社長:竹田清人、www.pues.co.jp)は、東芝インフラシステムズ(株)、(株)ハセテック、(株)オリエンタルコンサルタンツグローバルと共に、マレーシアのプトラジャヤ市において、10分間の超急速充電で30km運行を実現する大型EVバスシステムの実証を開始しました。


本実証は、マレーシアの様な蒸暑地域において、EVバスシステムの実用性の検証をすると共に、搭載したEV機器や二次電池の信頼性・耐久性の確認を行い、低炭素公共交通としてのEVバスの普及拡大を目指します。
(画像:https://www.pues.co.jp/jp/182171cd7af274f4344aaf4125a58ea567bc9b30.jpg)

本実証事業は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業」の委託先として採択されたものです。事業期間は2015年度から2019年度で、マレーシア国プトラジャヤ周辺において大型EVバスをプトラジャヤ市と共同で運行し、超急速充電に対応したEVバスの走行性能の確認、蒸暑地域における電池寿命やEV機器の受けるダメージ、超急速充電時の性能などを検証します。

本事業において当社は、これまで国内外で幅広くEVバス開発を行ってきた経験を活かし、マレーシアの現地企業と共同でEVバスの開発・製作を行いました。また、この開発の中で開発したEVバス用電池パックは、ECE-R100.02の認証を日本で初めて取得致しました。
今後は、本実証で得られた知見をもとに、マレーシアのEV産業政策および環境対策に貢献する為に、現地企業と協力して様々なEVバスの開発を行い、更にはその生産に向けた部品供給を行って参ります。更にはマレーシア国内に留まらず、広くアセアン・アジア地域の低炭素公共交通の需要に対応すべく活動を行って参ります。

実証事業の概要

期間   2015年2月~2020年2月
実証内容

熱帯気候でのEVバスシステムの走行実証
二次電池の寿命特性検証
超急速充電の連続オペレーション実証 など

システムの概要

大型EVバス11台
320kW超急速充電システム4式
CHAdeMO(チャデモ式)急速充電器1台
状態監視などの情報システム1式

大型ダブルデッカーEVバス2台
480kW超急速充電システム1式

運行ルート
(予定)

 

① マレーシア プトラジャヤ市内循環ルート
② プトラジャヤ市-サイバージャヤ市間循環ルート

 

マレーシア連邦直轄領省事務次官、プトラジャヤ市市長をはじめとする多数の政府関係者が出席。在マレーシア日本大使館 田中書記官、NEDO渡邉理事、東芝インフラシステムズ(株)青木取締役常務、(株)ハセテック  藤原代表取締役社長(株)、オリエンタルコンサルタンツグローバル 福岡取締役常務とともに、弊社代表取締役社長 竹田が参加。
(画像:https://www.pues.co.jp/jp/3688b8731f3727884f092066703f9a984583aaf8.jpg)


Contacts

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ピューズ
担当:取締役 宮下 泉
TEL:046-226-5501
FAX:046-226-5505
E-MAIL: miyashita.izumi@pues.co.jp

情報提供元:
記事名:「株式会社ピューズ・マレーシアで大型EVバスシステム実証を開始のお知らせ