• 趙顯俊 会長、「第4次産業革命の核心である情報通信技術の重要性を強調」
  • 中国グローバル通信機器企業ファーウェイ(HUAWEI)とIT市場の攻略を加速化
  • 両社間のパートナーシップによってITトータルサービス市場の底辺を拡大

韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--#ChoHyunJoon--(ビジネスワイヤ) -- 最近暁星(KRX:004800)系列のIT専門社暁星ITXが中国のグローバル通信機器企業ファーウェイ(HUAWEI)と販売事業協約を締結し、IT市場での攻略を加速化すると去る8月11日に明らかにした。

暁星ITXとファーウェイ両社はクラウド、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)など第4次産業革命時代に対応する研究開発に集中して来たので、今後の技術提携によって様々な事業部門で協力が期待される。


暁星 趙顯俊会長は 7月7日、第4次産業革命は情報通信技術の融合が進んでいる時期にあるので他社との協力が非常に大事だと強調した。

暁星ITXは今回の協約でファーウェイの公式販売パートナーとしてサーバー、ストレージ、ネットワークソリューションなどIT技術全分野に渡り最新の製品販売及びサービス供給を本格的に行うようになった。

特に、暁星ITXは既存の日立(Hitachi)のストレージとラッカス(Ruckus)の無線ネットワークに加え、ファーウェイの優秀な技術から製品に至るまでの多様なIT ソリューションラインナップを確保することにより顧客の要求に素早く弾力的に対応できる力量を取り揃えるようになった。

暁星 趙顯俊会長は「第4次産業革命は速い速度で進行しており、たとえ優秀な技術を持ち、健全な事業活動をしても、情報通信技術の融合が進む時代の変化を読み取ることができなければ一瞬のうちに遅れを取ることになる」と情報通信技術の重要性を明らかにした。


Contacts

Hyosung
CHANG-SEOK, HAN, +82-2-707-7338
hanni@hyosung.com

情報提供元:
記事名:「暁星 趙顯俊会長,「ファーウェイとの協働でITトータルサービス市場の攻略に拍車」