- 感情豊かに会話するロボットが製作者のデビッド・ハンソン博士(Ph.D)と共に参加 -

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- IBC2017は光栄にもソフィアとアインシュタイン教授という非常に特別なゲストを迎えます。ハンソン・ロボティクスの創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ハンソン博士(Ph.D)が設計・製作した感情を表現する知的で驚くほど人間的なロボットです。これらのロボットがハンソン博士と共に9月17日(日)に開催されるTech Talks Keynote: The Future with Robots that Are Like Us(テック・トーク基調講演:人型ロボットと生きる未来)に登場します。これは、加速する未来の傾向と技術を検証する終日開催の一連の議論の一環として実施されます。


デビッド・ハンソン博士は、素晴らしい表現力、美しさ、会話能力を備えた世界で最も人間的で感情豊かなロボットの製作で世界的に評価されています。博士は、メディアと人々に高く評価された有名でユニークなロボットキャラクターを多数生み出してきました。

ソフィアは、ハンソン・ロボティクスの最新の最も高度なロボットであり、驚くほど人間的な表現と進化した知性を持つため、会話や関係構築ができます。

アインシュタイン教授は、ハンソン・ロボティクス初のパーソナルロボットです。ハンソン博士は、40年以上の経験を持つ玩具発明家のアンディー・リフキン氏と協力し、アルバート・アインシュタインの性格と、誰もが理解できる方法で複雑なテーマを説明するアインシュタイン独特の指導スタイルを真似たロボットを開発しました。アインシュタイン教授は教育ゲームをプレーし、科学的事実を説明し、さまざまなテーマに関する質問に答えます。

IBCで、ソフィア、アインシュタイン教授、ハンソン博士は、創造性、共感、思いやりを学べるロボットが登場する中で、ロボット工学や人工知能が人々の生活の中でどのように普及していくかについて議論します。

IBCのマイケル・クリンプ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「日曜に開催されるテック・トーク・シリーズでは、未来の技術を垣間見る絶好の機会を提供します。IBCでハンソン博士、ソフィア、アインシュタイン教授にお目にかかり、ロボット技術と人工知能の未来や、それらが人間の生活を向上させる可能性について議論できるのが非常に楽しみです。」

## 以上 ##

編集者への注記:

IBCについて

IBCは、世界をリードするメディア、エンターテインメント、テクノロジーの展示会です。170カ国以上から5万5000人以上の参加者を集め、評価の高い会議(査読あり)が催され、先進的サプライヤー1700社以上による最新の電子メディアおよびエンターテインメント技術の展示が行われます。

IBC2017の日程
会議:       2017年9月14~18日
展示:       2017年9月15~19日
IBC2017の詳細情報:

 

 

 

show.ibc.org/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For IBC
Louise Wells, Bubble Communications
E: louisew@bubbleagency.com
T: +44 7718 985 252

情報提供元:
記事名:「IBC2017に世界で最も人間的なロボットのソフィアとアインシュタイン教授が登場