新機能と改善は、モーショングラフィックス、VFX、VRコンテンツ制作のワークフローを効率化に加え、次世代の開発基盤を取り入れています。MAXONは、アムステルダムで開催されるIBC 2017にて、新機能の素晴らしさをご紹介します。


フリードリヒスドルフ(独)--(BUSINESS WIRE)--本日、MAXONCinema 4D Release 19 (R19))の出荷開始を発表しました。アーティストは、このMAXONの次世代のプロフェッショナル用3Dアプリケーションの素晴らしいツールと改善を利用できるだけでなく、将来の基盤も少しご覧いただくことができます。Release 19は、アーティスト個人だけでなく大規模なスタジオ環境でもお使いいただけるように設計されており、一般的なデザインからモーショングラフィックス、VFX、VR/AR、あらゆる種類のビジュアライゼーションのコンテンツ制作マーケットにおける課題に対応するため、迅速で簡単かつ安定した効率的なワークフロー提供します。

Cinema 4D R19の主要な新機能:

ビューポートの向上 – 表示結果が最終レンダリングにより近づき、今回ネイティブサポートされたmp4ビデオ書き出しせば、クライアントプレビュもすぐに行えます。

MoGraph の改善 – ボロノイ分割にワークフローに関する機能の追加とサウンドエフェクタが一新しました。

新しいスフィリカルカメラ – アーティストは、ステレオ3Dの360°バーチャルリアリティ用のビデオとドーム投影用のレンダリングができます。

新しいポリゴンリダクション – 頂点マップや選択範囲タグ、UV座標、テクスチャとディテールを保持したままポリゴンリダクションします。

LOD (詳細レベル) オブジェクト – オブジェクト管理によりビューポートとレンダリングスピードの最大化を実現。LOD設定はFBXで書き出せるのでメジャーなゲームエンジンとのアセットワークフローを最適化します。

AMDの Radeon ProRender – R19にシームレスに統合され、クロスプラットフォームのGPUレンダリングソリューションをアーティストに提供します。

メディアコアのリニューアル – ソフトウェアコアの書き直しにより、画像、ビデオ、サウンドフォーマットのスピードとメモリの使用効率が向上しました。mp4ビデオはQuickTImeなしでネイティブでサポートされました。

モデリングの安定化 – 新しいモデリングコアによりエッジとN-gonのサポートが向上。法線の揃えと反転コマンドが改善されました。

BodyPaint 3D –ペイントエンジンにOpenGLを使うようになり、R19でアーティストは反射やアルファ、バンプ、法線、変位をリアルタイムで確認しながらテクスチャペイントできます。映画やゲームデザインのワークフローのためにカラーのペイントからサーフェイスのディテールを追加できます。

全機能リストは、 Release 19ランディングページでご覧いただけます。

ヨーロッパでは、アムステルダムで開催されるIBC 2017にデビュー

MAXON Cinema 4D R19は、2017年9月15-19日にアムステルダムのRAI Convention Centerで開催されるIBC 2017のホール7 K30のMAXONブースにてヨーロッパデビューします

世界的に有名な3DアーティストであるPeter Eszenyi、Sophia Kyriacou、Tim Claphamほか国際的なスタジオのアーティストたちが、Cinema 4Dを使用して制作したプロジェクトにおける知識やテクニックを紹介。またパートナーであるGoogle、Insydium、Redshiftも、Cinema 4Dとの連携ワークフローについて紹介します。プレゼンテーションのより詳しい情報とライブストリーミングは、http://www.c4dlive.com/ でご覧ください。

Cinema 4D R19 の価格、発売日、アップグレードパス

Cinema 4D Release 19は、MAXONもしくは正式代理店より提供されます。2017年9月1日時点でMAXONサービス契約に加入されている方は、自動的にアップグレードされます。Cinema 4D R19は、Mac OS X版およびWindows版があり、Linux版のネットワークレンダリング用のノードも提供しています。価格および取扱い店推奨動作環境は、https://www.maxon.net/jp/をご覧ください。

Cinema 4D R19のその他の情報および画像

スクリーンショット

パッケージ画像

作例画像 (RGB)

作例画像 (CMYK)

R19の新機能

R19の新機能 Cineversityのビデオ

Press Room

MAXONについて

ドイツ、フリードリヒスドルフに本社を置くMAXON Computerは、プロフェッショナル3Dモデリング、ペインティング、アニメーション、レンダリングソリューションの開発会社です。Cinema 4DとBodyPaint 3Dは、世界中からさまざまな賞を受賞しており、映画や放送業界、サイエンス、建築、AAAゲームのゲームシネマティック、医療用イラスト、建築、工業デザインなどの分野で使用されています。MAXONは、ドイツ、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、日本、シンガポールにオフィスを持っています。MAXON製品は、直接ウェブサイトと各国の代理店から提供されています。教育機関向けには、特別価格をご用意しています。MAXONは、Nemetschek Group.の一員です。

MAXON Web リソース

MAXONのその他の情報については以下のリンクもご覧ください:

Website

Facebook

Twitter

YouTube

LinkedIn

Google+

Instagram


Contacts

MAXON Computer
US Internal:
press_us@maxon.net
または
US Media Contact:
Vicky Gray-Clark
Ambient Public Relations
408-243-8880
vicky@ambientpr.com
または
UK:
Liam Stacy
press_uk@maxon.net
または
JAPAN:
Toshihide Miyata
press_jp@maxon.net
または
FRANCE:
Eric Godey
press_fr@maxon.net
または
SINGAPORE/ASEAN:
Vincent Ong
press_sg@maxon.net
または
GERMANY and all other countries:
Jessica Wege
press_de@maxon.net

情報提供元:
記事名:「MAXONは、Cinema 4D Release 19の出荷開始を発表しました。