新たな活動により、世界全体で革新的な考えを交換し、起業家の成功を倍増させ、繁栄の平等を推進

スイス・ルツェルン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 起業家、投資家、インキュベーター、アクセラレーター、メンター、経済開発担当者など、50カ国約1200人のイノベーション関係者が初めて力を合わせ、起業家精神にとって最も差し迫った問題を解決します。ワールド・イノベーションズ・フォーラムは、2018年6月6日から8日まで、スイスのルツェルンで開催されます。その主な目的は、2035年までに起業家の成功率を2倍にし、繁栄の平等をさらに生み出すことです。WIフォーラムの共同創設者であり役員を務めるアクセル・シュルツェは次のように述べています。「私たちの理念は、世界的な繁栄の平等です。」



このスマート・ニュース・リリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170829005155/en/

会議のテーマは事前に報告されており、これには、資金調達、指導、税制、法的障壁、エコシステムの欠如、起業家精神の欠如、社会問題などが含まれます。主な目的は、緊急の行動を規定し、いわゆる頭脳の流出を阻止することです。頭脳の流出とは、若い起業家が他の国に出て行き、自国のイノベーション開発能力が低下することです。

創設メンバーであるキャロル・アッカーマンは他の会議との違いについて次のように述べています。「話を聞くことから、探究し創造することまで、すなわち、相互理解による真の意味でのグローバルなイニシアチブです。『投入するものが多いほど、そこから引き出せるものも多くなる』ということです。」人数は少ないながらも、非常に刺激的な基調講演者がこのフォーラムを盛り立てます。

参加国は、月に一度「全国スタートアップ・コンテスト」を主催しています。各国の優勝者は2018年のルツェルン大会に招かれ、世界最優秀スタートアップを競います。当組織は、数百人の革新的な起業家を支援し、スタートアップ企業が費用を負担することなく世界的な認知度を高められるよう協力します。

WIフォーラムの共同創設者であり最高経営責任者のレネ・ザイアーは、「私たちはエリート・クラブを目指しているわけではありませんが、フォーラムには最も資質のある人達の参加を呼びかけています」と述べています。参加できるのは、招待を受けた人または参加申請を認められた人だけです。

どの国の企業も平等にWIフォーラムに参加できるように、スポンサー支援のレベルは、1人当たり国内総生産(GDP/C)に基づいています。ルワンダの主要スポンサーが750ユーロを出資するとすれば、同じスポンサーレベルのフランスの企業は3万8000ユーロの出資を求められます。

ネパールのWIフォーラム大使であるケム・ラカイ氏は次のように述べています。「ネパールでの問題はナイジェリア、フランス、あるいは日本の問題とは異なるでしょう。これまで、この規模で世界から人々が集まり、現在および将来の起業家の問題を共有し、解決する機会はありませんでした。」

ワールド・イノベーションズ・フォーラムは、複数の国の起業家と投資家のグループにより設立されました。詳細はhttp://wiforum.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170829005155/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

World Innovations Forum
Manuela Rantra, +41 78 865 3992
manuela@wiforum.com
http://wiforum.com/media

情報提供元:
記事名:「ワールド・イノベーションズ・フォーラムはスイス・ルツェルンで開催予定