受賞者は、10月10日から12日までシンガポールで開催される Year in Infrastructure 2017カンファレンスで発表

米国ペンシルベニア州エクストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --インフラストラクチャ強化のための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業、Bentley Systems, Incorporatedは本日、2017 Be Inspired Awardsプログラムのファイナリストを発表しました。年に一度のこの催しでは、インフラストラクチャの設計、建設、運用において優れた業績を上げた世界各地のBentleyユーザーに賞が授与されます。今年は、50を超える国のさまざまな企業・団体から応募された400以上のプロジェクトの中から、業界の著名な専門家で構成される10グループの第三者審査員団により、ファイナリスト51組が選出されました。


10月10日~12日にシンガポールのマリーナベイサンズ・エキスポ&コンベンションセンターで開催される Year in Infrastructure 2017カンファレンスでは、同業者、審査員、120名を超える報道関係者の前で、業界フォーラムの一環として、各ファイナリストによりそれぞれのプロジェクトのプレゼンテーションが行われます。

インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野で活躍している専門家が一堂に会するこのカンファレンスは、以下の内容で行われます。

  • Bentleyの経営幹部と各業界の著名なオピニオンリーダーによる基調講演
  • Bentleyの提携パートナーであるMicrosoft、Siemens、Bureau Veritas、Topconによる技術紹介のライブプレゼンテーション
  • 選出された出席者とファイナリストの1対1のディスカッション
  • Microsoft、Siemens、Bureau Veritas、Australia Road Research Board、Applied Research & Associates、シンガポール建築建設庁などから招いたスピーカーによるインダストリフォーラムとパネルディスカッション
  • Be Inspired Awardsファイナリストによるプレゼンテーション(10月10日、11日)
  • Be Inspired Awards受賞プロジェクトの発表および授賞式、祝賀会(10月12日夕方)

エンジニアリング企業、建築会社の幹部の方や、建設会社、個人企業、行政機関でインフラストラクチャの設計、供給、運用を担当する方にとって、Year in Infrastructure 2017カンファレンスは、世界中のインフラストラクチャの専門家に会い、ベストプラクティスを共有する絶好の機会です。Be Inspired Awardsプログラムに応募した候補者の方々の参加もお待ちしております。

Bentley Systemsの最高コミュニケーション責任者、Chris Barronは次のように述べています。「Year in Infrastructureカンファレンスは、世界中から集まったインフラリーダーにとって、人脈を作り多くのことを学べるまたとない機会です。今年は過去最多の企業がBe Inspiredプログラムにご応募くださいました。皆様の意欲的な素晴らしいプロジェクトを心から称えたいと思います。カンファレンスでは、今年BIMが特に目覚ましい進化を遂げた世界的インフラの事例を、ファイナリスト自らが発表します。」

今年のカンファレンスは、初めてシンガポールで開催されます。会場は、アジアを代表する建物の1つ、マリーナベイサンズ・エキスポ&コンベンションセンターです。マリーナベイサンズの構造設計はArup社によって行われ、2010 Be Inspired Awardsの構造エンジニアリングにおける革新部門で賞を獲得しています。

マリーナベイサンズの営業担当バイスプレジデント、Mike Lee氏は次のように述べています。「Bentley Systems初のシンガポールでのカンファレンス会場にマリーナベイサンズを選んでいただき光栄です。Bentleyとは、建設段階からのお付き合いです。この象徴的な建物の構造設計には、Bentley Systemsのソフトウェアが使われています。今年の10月にマリーナベイサンズで開かれるYear in Infrastructure 2017カンファレンスの会場は、サンズ・エキスポ&コンベンションセンターだけではありません。アートサイエンスミュージアムなどのユニークな会場での催しも予定されています。ビジネスだけでなく、レジャーやお食事のための施設も充実しているこの統合型リゾートに、Bentleyの関係者や参加者の皆様をお迎えする日を楽しみにお待ちしております。」

2017年のBe Inspired Awardsのファイナリストとなったプロジェクトは次のとおりです。

橋梁におけるBIMの進化

  • AECOM – Pearl Harbor Memorial Bridge – (New Haven, Connecticut, United States)
  • Arcadis-WSP/PB Joint Venture– Citylink Tulla Widening– (Melbourne, Victoria, Australia)
  • Long Jian Road & Bridge Co., Ltd. – Heihe - Blagoveshchensk Heilongjiang River (Amur River) Road Bridge Project– (Heihe City, Heilongjiang Province, China)

ビルディング・キャンパスにおけるBIMの進化

  • Morphosis – The Bloomberg Center – (New York, New York, United States)
  • Shalom Baranes Associates – Cannon House Office Building Renewal – (Washington, District of Columbia, United States)
  • WSP – 1 Blackfriars, London – (London, England, United Kingdom)

建設におけるBIMの進化

  • China Construction Sixth Engineering Division, Tianjin University of Technology, Tianjin Tianhe-Cloud Building Engineering Technology Co., Ltd – Sanya New Airport Reclamation Project – (Sanya, Hainan, China)
  • JMC2 – Heaven Sent – (Simi Valley, California, United States)
  • Leighton Asia – Hong Kong Boundary Crossing Facilities, Hong Kong-Zhuhai-Macao Bridge – (Hong Kong)

環境エンジニアリングにおけるBIMの進化

  • NJS Engineers India Pvt. Ltd. – JICA Assisted Ganga Action Plan-II – (Varanasi, Uttar Pradesh, India)
  • Raymond Vogel Landschaften AG – New Landscape for New Hydropower Plant in Hagneck – (Hagneck, Canton Bern, Switzerland)
  • Stream Environment Sdn. Bhd. – Automated Waste Collection System for Changi Airport Terminal 4 – (Singapore)

製造におけるBIMの進化

  • CPC Corporation, Taiwan – Talin No.12 Topping Unit Project– (Kaohsiung, Taiwan)
  • PJSC Giprotyumenneftegaz – Central Production Facility, Novoportovskoye Field – (Tyumen Region, Yamal-Nenets Autonomous District, Russia)
  • Satria Technologies Sdn. Bhd. – Sustainable Solutions for Control and Protection Systems – (Klang, Selangor, Malaysia)

鉱業・洋上エンジニアリングにおけるBIMの進化

  • AMEC Foster Wheeler – Gruyere Project – (South Dorothy Hills, Western Australia, Australia)
  • Offshore Oil Engineering Co., Ltd. – PL19-3 Oil Field Jacket Design and Development of ‘Fixed Offshore Structure Design Tool’ Software– (Tianjin, China)
  • Volgogradnefteproekt, LLC – Design of Electro-Technical Solutions and Systems for Control of the Conductor Supported Platform of Filanovsky Field– (Caspian Sea, Astrakhan Region, Russia)

自治体施設におけるBIMの進化

  • AAM Group – Creating Singapore's National 3D Map Using Mobile Mapping – (Singapore)
  • Huadong Engineering Corporation Limited, PowerChina – Application of BIM Strategy for Shenzhen Qianhai Municipal Infrastructure – (Shenzhen City, Guangdong Province, China)
  • Tianjin Municipal Engineering Design & Research Institute – Construction and Design General Contracting of Retrofit Project at Haiyu East Line Municipal Road – (Sanya, Hainan Province, China)

発電におけるBIMの進化

  • China Water Resource Pearl River Planning Surveying & Designing Co., Ltd – Wugachong Reservoir Project – (Pu'an County, Qianxinan Buyei and Miao Autonomous Prefecture, Guizhou Province, China)
  • COBA – Engineering and Environmental Consultants – Kholombidzo Hydro Power Electric Plant – (District of Blantyre, Malawi)
  • PowerChina ZhongNan Engineering Corporation Limited – Digital Delivery of Qiongzhong Pumped Storage Power Station – (Qiongzhong County, Hainan Province, China)

プロジェクトデリバリにおけるBIMの進化

  • A Natural Gas Company – Implementation of a Comprehensive Technical Records & Information Management Program Powered by ProjectWise – (Canada)
  • Ghafari Associates, LLC – General Motors Productivity Improvement Program – (Various Locations, Michigan, United States)
  • Mott MacDonald and the Costain, VINCI Construction Grands Projets, Bachy Soletanche Joint Venture – East Section of the Thames Tideway Tunnel – (London, England, United Kingdom)

鉄道・輸送におけるBIMの進化

  • China Railway Eryuan Engineering Group Co. Ltd.; Yungui Railway Yunnan Co. Ltd. – Application of BIM Strategy for Dali to Ruili Railway Project – (Baoshan, Yunnan Province, China)
  • Jacobs/Zephyr UAS – Mapping 42 Miles of California High Speed Rail Corridor Utilizing UAVs – (Burbank to Los Angeles to Anaheim, California, United States)
  • MRT Corporation Sdn. Bhd. – Klang Valley Mass Rapid Transit (KVMRT) SSP Line – (Kuala Lumpur, Malaysia)

リアリティモデリングにおけるBIMの進化

  • CEDD-AECOM-The Earth Solutions – Development of Anderson Road Quarry Site – (Hong Kong)
  • The Pennsylvania State University, Department of Architectural Engineering – Virtual Penn State Campus – (University Park, Pennsylvania, United States)
  • The Sanborn Map Company, Inc. – Sanborn3D HD Maps for Autonomous Driving: Santa Clara – (Santa Clara County, California, United States)

道路におけるBIMの進化

  • AECOM (Poland) – Road Design and Inter-disciplinary Coordination of the E10 Avvakko-Lappeasuando Project – (Gällivare kommun, Norrbottens län, Sweden)
  • CCCC First Highway Consultants Co., Ltd. – Application of BIM Strategy on the Transformation of Meiguan Expressway to Urban Road Design Project – (Shenzhen City, Guangdong Province, China)
  • CH2M Fairhurst JV – A9 Dualling - Glen Garry to Dalraddy – (Dalwhinnie, Highlands, United Kingdom)

道路・鉄道資産パフォーマンスにおけるBIMの進化

  • New Jersey Department of Transportation (NJDOT) – NJDOT / Public Private Partnership of a Bentley-Hosted SUPERLOAD System for Oversize / Overweight Vehicle Permitting and Routing – (Trenton, New Jersey, United States)
  • Oregon Department of Transportation – TransInfo – A Connected Data Environment for Transportation – (Salem, Oregon, United States)
  • Highways England – Network Occupancy Management System (NOMS) – (Strategic Road Network, England, United Kingdom)

ユーティリティ・工業用資産パフォーマンスにおけるBIMの進化

  • AES Indianapolis Power and Light – T&D Implementation of Asset Risk at Indianapolis Power & Light – (Indianapolis, Indiana, United States)
  • BP – Khazzan Central Information Store (CIS) – (Khazzan Field, Block 61, Ad Dhahirah Governorate, Oman)
  • North Caspian Operating Company N.V. – Kashagan Oilfield Corrosion and Inspection Management Project in the North Caspian Sea and Bolashak Operating Production Facility – (Atyrau Region, North Caspian Sea, Kazakhstan)

ユーティリティ輸送・供給におけるBIMの進化

  • Hubei Electric Power Survey and Design Institute – Macheng Caijiazhai Wind Farm Project – (Macheng, Hubei Province, China)
  • Pestech International Berhad – Automation and Integration of Substation Design Work for 230kV Project – (Kratie and Kampong Cham, Cambodia)
  • Pacific Gas & Electric Company – Reality Modeling in Bentley Substation – (San Francisco, California, United States)

上下水道プラントにおけるBIMの進化

  • Beijing Institute of Water – Tongzhou Water Works of Beijing South-to-North Water Diversion Project – (Beijing, China)
  • Shanghai New Jinshan Investment Holding Group Co., Ltd. – Xinjiang Water Purification No.2 Plant and Supporting Pipe Network – (Jinshan District, Shanghai, China)
  • MWH Ltd. (operating in CiM6 alliance) – Netheridge STW – (Gloucester, England, United Kingdom)

水道ネットワークにおけるBIMの進化

  • Manila Water Company, Inc. – Manila Water Natural Calamity Risk Resiliency and Mitigation Masterplan – (National Capital Region, Rizal Province, Philippines)
  • Enorsul - Sanitation Services – Optimization of Water Distribution System and Reduction of Losses – (Olinda, Pernambuco, Brazil)
  • AEGEA – AEGEA Prolagos Sewerage Master Plan 2041 – (Região dos Lagos, Rio de Janeiro, Brazil)

Be Inspired AwardsプログラムとYear in Infrastructure 2017カンファレンスについて

2004年以来、Be Inspired Awardsプログラムでは、世界中の建築、エンジニアリングインフラプロジェクトの設計、建設、運用における卓越した革新的な技術を紹介してきました。Be Inspired Awardプログラムは、あらゆる種類のインフラプロジェクトを対象とした、世界規模で包括的なカテゴリを網羅している唯一のコンペティションです。この表彰プログラムは、Bentleyソフトウェアのすべてのユーザーが応募でき、業界の専門家により構成された第三者審査員が各カテゴリのファイナリストを選出します。詳細については、www.bentley.com/BeInspiredをご覧ください。

BentleyのYear in Infrastructure 2017カンファレンスには、インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野の世界中のリーダーが集まります。このカンファレンスでは、プレゼンテーションと対話型のワークショップにより、テクノロジとビジネスがどのように連携して互いに発展していけるのか、またそれによって将来のインフラプロジェクトデリバリと資産パフォーマンスがどのように方向づけられるかを探ります。

BentleyのYear in Infrastructure 2017カンファレンスの内容の一部をご紹介します。

  • ビルディング・キャンパスフォーラム
  • 都市システムフォーラム
  • 工業フォーラム
  • 鉄道・運輸フォーラム
  • 道路・橋梁フォーラム
  • 電気・ガス・水道フォーラム
  • Be Inspired Awardsセレモニー
  • 提携パートナーパビリオンとセッション
  • プロジェクトデリバリサミット(招待者限定)
  • インフラ資産パフォーマンスサミット(招待者限定)
  • CIOサミット(招待者限定)

Year in Infrastructure 2017カンファレンスのスポンサー

  • プラチナスポンサー: Microsoft
  • ゴールドスポンサー: ARC Advisory Group、BNP Media、Engineering News-Record、Informed Infrastructure、New Civil Engineer、PennEnergy、Reliabilityweb.com、SPAR 3D、Water & Wastewater International

シルバースポンサーを含む全スポンサーのリストをご覧になるには、こちらをクリックしてください。

Year in Infrastructure 2017カンファレンス提携パートナー

  • Bureau Veritas
  • Microsoft
  • Siemens
  • Topcon

Year in Infrastructure 2017カンファレンスサポートパートナー

  • 英国コンサルティング・エンジニア協会(ACE)
  • シンガポール建築建設庁
  • 国際測量者連盟、デンマーク(FIG)
  • シンガポール見本市・コンベンション協会
  • YourSingapore

メディアデー

10月9日には、Bentleyによる毎年恒例のメディアデー記者会見がシンガポールのマリーナベイサンズ・エキスポ&コンベンションセンターで行われ、世界各国の大手報道機関から120人を超えるジャーナリストが集まります。これらのジャーナリストはYear in Infrastructure 2017カンファレンスにも出席します。

The Year in Infrastructure 2017カンファレンスに関するその他の情報、または登録については、こちらをクリックしてください。ぜひTwitterで@BentleyJapanをフォローし、ハッシュタグ「#YII2017」でこのイベントの最新情報をチェックしてください。BentleyのFacebookページhttp://facebook.com/bentleysystemsでの「いいね!」や LinkedInページのフォローもお願いいたします。

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、建築家、エンジニア、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。Bentleyのユーザーは、各分野にまたがり、インフラストラクチャのライフサイクル全体に対応するインフォメーションモビリティを活用し、パフォーマンスに優れたプロジェクトとアセットを実現できます。Bentleyのソリューションには、インフラの設計・モデリングを行うMicroStationプラットフォーム、インフラプロジェクトチームの協業と作業共有のためのProjectWiseプラットフォーム、インフラ資産運用のためのAssetWiseプラットフォームを包含し、すべてが広範なポートフォリオの互換性アプリケーションに対応し、世界規模のプロフェッショナルサービスで補われています。

Bentleyは1984年に設立され、50カ国以上に3,000人近くの従業員を擁し、年間売上高は6億ドルにのぼります。また、2011年以来10億ドル以上を投資して研究、開発および企業買収を推進しています。

Bentleyに関するその他の情報については、www.bentley.comをご覧ください。Bentleyのニュースをいち早くご覧になるには、BentleyのプレスリリースおよびニュースアラートのRSSフィードをご購読ください。Year in InfrastructureカンファレンスのWebサイトで、Bentleyの一流のオピニオンリーダーシップイベントの見どころをご覧ください。毎年開催されるBe Inspired Awardsの革新的なインフラストラクチャプロジェクトのコレクションは、検索可能なBentleyの『Infrastructure Yearbooks』をご覧ください。インフラストラクチャ業界の関係者が出会い、情報交換し、学び合える専門家ネットワーキングサイトをご利用になるには、Bentley Communitiesにアクセスしてください。

Bentley Infrastructure 500』はインフラストラクチャの累積投資額に基づいて公共部門と民間部門のインフラストラクチャトップオーナーのランキングを掲載した独自の世界的リストです。こちらからダウンロードできます。

Bentley、Bentleyの"B"のロゴ、Be、MicroStation、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。


Contacts

本件のお問い合わせ先
株式会社ベントレー・システムズ
マーケティングマネージャ
大山 早苗
sanae.oyama@bentley.com
Tel.03-5992-7747(直), Tel.03-5992-7770(代)
Twitterでフォロー
@BentleyJapan

情報提供元:
記事名:「Bentley、先進のBIMを活用した インフラ設計、建設、運用プロジェクトのコンペ 2017 Be Inspired Awardsのファイナリストを発表