ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 高品質LED照明の世界的リーダーであり、世界で最も有名な歴史的建築物、博物館、ホテル、高級店舗の多くに光を照らしているソラ(Soraa)は、当社のLEDランプがポーラ ミュージアム アネックス(東京)で開催された青木美歌氏の素晴らしいガラスアート展の照明に選定されたと発表しました。



ソリッド・ライティングの照明デザイナーの尾花ひろき氏は、次のように語っています。「青木美歌氏は“生命の有りよう”を共通テーマに、生命、死、動き、成長、進化などを、ガラスを通して表現しています。青木氏の独自の世界を創り出す上で、照明は不可欠の要素です。ガラスの最高の美しさを引き出す光源には、本来の正確な色が必要です。」

ガラスによる展覧会「あなたに続く森」の照明として、青木美歌氏とソリッド・ライティングはソラ・ビビッド(Soraa VIVID™)ランプを使用することで意見が一致しました。狭角配光が可能で、傑出したカラーと鮮明な白色の演色性によって、可能な限り本物に近い色を表現できることが決め手となりました。

青木氏は、次のように述べています。「ガラスにとって最適な環境を調整する上で、照明は非常に重要な要素です。ソラの白色の演色性は、私が求めていた穏やかで柔らかさのある“無垢”な雰囲気を生み出すことができます。ソラーはランプの照明を減光したときでも、環境全体でダイナミックな表面と色を浮き彫りにし、展示物に一貫性をもたらします。」

当社のランプはソラ・ビビッド・カラー(VIVID Color™)技術を搭載しています。本技術は紫から深い赤の発光まで、可視スペクトルのあらゆる色を活用して、暖色を美しく正確に再現し、演色評価数(CRI)は95、深い赤色(R9)の演色性は95を達成しています。またソラのランプは、ソラ・ナチュラル・ホワイト(Soraa Natural White™)技術を備えているため、温かみのある色調の白から、クールで鮮明な白まで、微妙な色調の白さを正確に表現できます。

ソラの照明は、サンフランシスコ近代美術館、ベイルートのニコラス・スルソーク博物館、ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館、ドイツのバンベルク歴史博物館、東京の出光美術館等で体験していただくことができます。

ソラのLED照明製品の詳細については、www.soraa.comをご覧ください。

作家:青木美歌氏、http://www.mikaaoki.jp/

写真提供:ヘキサプロジェクト(www.hexaproject.com)の代表取締役 久米英之氏

ソラ(Soraa)について

高純度窒化ガリウム基板(GaN on GaN™)を使用したランプを開発したソラは、照明を限りなく完璧なものにしました。ソラのフルスペクトルランプは、サファイア基板等を使用した現行の青色ベース白色LEDランプに比べて非常に優れた演色性と光源特性を実現しています。2008年に設立されたソラは、米国カリフォルニア州シリコンバレーのフリーモント市を拠点としてLEDチップからランプを製造しています。

当社ウェブサイト(www.soraa.com)をご覧ください。またツイッターフェイスブックインスタグラムリンクトインでフォローしてください。

Soraaはソラの登録商標です。Soraa VIVIDとGaN on GaNはソラの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル英語版です。日本語翻訳版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。当該日本語翻訳版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル英語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Soraa Media:
Makovsky
Andy Beck, 202-587-5634
abeck@makovsky.com
または
Soraa Inc.
Dawn Andersen, 510-456-2262
dandersen@soraa.com

情報提供元:
記事名:「SORAA(ソラ)が東京のアート展覧会でガラス芸術の最高の美しさを引き出す