- 変化する消費者動向と視聴者へのアプローチ、エンゲージメント、収益化の現実に焦点を当てたセッション -

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- IBCは本日、9月16日(土)に開催するオーディエンス&広告カンファレンスストリームのプログラムを発表しました。放送局やメディア企業がますます細分化が進むマルチプラットフォームTV市場で事業を展開する中で、このストリームでは視聴者がどこでいかに動いているかと、視聴技術や広告技術の最新の技術革新を探ります。


このIBCの画期的なストリームでは、次のような著名な講演者が登場します。

レイヤー3 TVのジェフ・バインダー最高経営責任者(CEO)とイレーションのトム・ピケット最高経営責任者(CEO)は、米国の放送業界の変革について語ります。

C4のオーフィアス・ウォー最高技術責任者(CTO)とリバティ・グローバルのエイドリアン・ドルーリー技術戦略・知見担当取締役は、テレビ市場を変革する最も画期的な新技術・デバイスについての意見を共有します。

ツイッチのクリストファー・ミードEMEAパートナーシップ担当シニアディレクターは、新たなオンライン動画エコシステムについて議論するパネルに参加します。誰が見ているのか、ツイッチはなぜテレビ市場で最も急成長する企業になれたのか、放送局がこの新たな動画企業から何を学べるかを話し合います。

サンバTVのアシュウィン・ナービン最高経営責任者(CEO)は、TV広告の最も画期的な最新動向について語ります。アドレサブルかつクロスプラットフォームでデータ駆動式のダイナミックなリアルタイム・テレビ広告についてです。

ジャーク(Jaak)創業者のボーン・マッケンジーランデル氏と革新的な新興企業から成るパネルは、放送業界と娯楽業界におけるブロックチェーンのメリットと利用について語ります。

MTMのエグゼクティブプロデューサー兼マネジングパートナーのジョン・ワッツ氏は、次のように述べています。「今年のオーディエンス&広告ストリームはこれまでで最高です。世界最大手のメディア企業、大手技術企業、最も有望な新興企業のいくつかから多彩な講演者を迎え、放送業界で最も画期的で重要な動向について探ります。次世代テレビの機能・広告のデモ、将来展望、ショーケース、討論を用意しています。」

## 以上 ##

IBCについて

IBCは、世界をリードするメディア、エンターテインメント、テクノロジーの展示会です。170カ国以上から5万5000人以上の参加者を集め、評価の高い会議(査読あり)が催され、先進的サプライヤー1700社以上による最新の電子メディアおよびエンターテインメント技術の展示が行われます。

IBC2017の日程
会議:       2017年9月14~18日
展示: 2017年9月15~19日

IBC2017の詳細情報:https://show.ibc.org/

 

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170728005264/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

IBC
Louise Wells, Bubble Communications
E: louisew@bubbleagency.com
T: +44 7718 985 252

情報提供元:
記事名:「IBC、オーディエンス&広告カンファレンスストリームの講演者を発表