大手ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)提供企業が日本でデジタルワークフォースを実現、新事務所開設により現地で日本語サポートを提供

ロンドン & 東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供するブループリズムは本日、アジア太平洋地域への進出をさらに進めて日本の東京に新たな販売・サポート拠点を開設したと発表しました。当社は、インドのバンガロールとオーストラリアのシドニーにも進出し、センターを開設しました。当社のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウエアに対する需要は、デジタルワークフォースを通じて企業の自動化、合理化、効率向上を支援するパートナー企業の力により大幅な増加が続いています。


ブループリズムのマーティン・フラッド世界販売担当執行副社長は、次のように述べています。「日本は世界のRPAの成長拡大をリードする有力で成長中の勢力です。当社がRPA市場で最も急速な成長を経験する中で、日本はブループリズムにとって非常に重要な戦略的市場です。当社のエンタープライズグレードのプラットフォームにより、日本企業は効率を向上させ、スキル不足を補い、人員をより価値の高い仕事に振り向けることができます。」

オートメーション・ソリューションへの需要が高まる中で、ブループリズムの顧客層は320社以上の世界的組織に拡大し、すべての新ビジネスはチャンネルパートナー企業、提携企業、アドバイザリー企業との協力を通じて提供されています。ブループリズムのアジア太平洋での事業は、過去1年間に100%増加しました。ブループリズムは、今回の販売・サポート開始の一環として日本語サポートも発表しました。お客さまもパートナー企業も、当社のRPAプラットフォームを用いて成功に必要なすべての資源を利用しつつ容易に業績を拡大できるでしょう(BluePrismJapan.comをご覧ください)。

IDCアジア太平洋でワールドワイド・ロボティクス・アンド・アジアパシフィック・マニュファクチャリング・インサイツの調査ディレクター兼首席アナリストを務める張敬兵博士は、次のように述べています。「アジア太平洋では市場が爆発的に成長しています。銀行、保険、金融サービスなどの業界には、RPAがもたらす変革とデジタル化を進める時期が来ています。自動化の水準は、管理・取引業務の合理化を超えています。RPA技術を導入している企業は、より迅速な対応、より優れたサービス、顧客体験・忠誠心の向上という大きなメリットを享受しています。」

アバナード株式会社の安間裕代表取締役は、次のように述べています。「アバナードがブループリズムと提携するのは、その最善のRPA技術のためのスケーラブルで堅固な実行プラットフォームが私たちのお客さまに確実に価値を提供するからです。例えば、私たちはF1チームのウィリアムズ・マルティーニ・レーシングと協力してこの技術/パートナーシップを活用できるようにし、RPAがITヘルプデスクのプロセス自動化をいかにサポートできるかを確認しています。このソリューションを使用することで対応力と機敏性が実現し、技術チームは高価値で高い技術を要する分野に集中できます。最終的には、トラックの中と外の両方で実績が向上するようウィリアムズを支えます。」

EYグローバルのダン・ヒギンズ技術コンサルティングリーダーは、次のように述べています。「ブループリズムとの協力は、影響力の大きな変革的サービスを私たちのお客さまに提供すべく、変革的技術のリーダーと協力していくというEYの取り組みを実証するものです。3月に、EYはブループリズムからゴールド認定を受けました。ブループリズムが企業へのRPA導入の卓越した実績に対して贈る最高評価です。6月には、EYは顧客が投票するブループリズムの最優秀RPA世界導入・卓越性賞を受賞しました。ブループリズムが日本とアジア太平洋地域全体でプレゼンスを拡大する中で、私たちは多くの業界でその自動化技術とEYのインテリジェントな自動化実行やビジネスコンサルティング経験・技能を組み合わせながら、継続して協力していきたいと思います。これにより、企業はバックオフィスやフロントオフィスの業務全体と、財務、人事、サプライチェーン、IT、販売、マーケティングなどの会社機能で効率化とコスト削減を達成できるようになります。」

ブループリズムは、この地域で近々開催されるいくつかのイベントへの参加も発表しました。

  • 日本RPA協会の2017年サミットが、7月27日(木)に東京の虎ノ門ヒルズで開催されます。詳細については、https://rpa-bank.com/summit/をご覧ください。

ブループリズムについて

ブループリズムのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソフトウエアは、世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供しています。このデジタルワークフォースは、企業の最も要求の厳しい管理環境で活動し、高リスクでルールに従う手による反復作業を自動化して機敏性、効率、正確性、コンプライアンスを大幅に向上させます。ブループリズムは、最善のAI・認知技術のためのスケーラブルで堅固な実行プラットフォームを提供し、デジタル企業向けの信頼性と安全性の高いRPAプラットフォームとして浮上しています。ブループリズムのRPAソフトウエアは、エイゴン、BNYメロン、コメルツ銀行、IBM、ING、マースク、ノキア、ノルデア、プロクター・アンド・ギャンブル、ライファイゼン銀行、シーメンス、ウエストパック、チューリッヒなどの企業のために10億件以上の取引を実行しています。ブループリズム(AIM:PRSM)の詳細については、www.blueprism.comをご覧になり、リンクトインツイッターで当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Blue Prism
Andre Fuochi, +1-469-394-7274
andre.fuochi@blueprism.com

情報提供元:
記事名:「ブループリズムが世界進出を継続、東京に新たな販売・サポート拠点を開設