パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルセキュリティーと身元識別技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは、公式アドプター会員としてLoRaアライアンスに加盟したことを発表します。OT-モルフォはLoRaベースの省電力広域ネットワーク(LPWAN)のセキュアな認証機能を強化するためのソリューションを提供します。


モルフォのテレコム担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めたOT-モルフォのYves Portalierは、次のように述べています。「当社がLoRaの会員になることで、当社の世界的なモノのインターネット(IoT)事業戦略が理想的な形で充実します。IoTはスマートホームや医療から産業アプリケーションまでのコネクテッドオブジェクトの爆発的な可能性を実現します。IoT関連のデバイスメーカー、プラットフォーム、クラウドサービスプロバイダーは、容易に当社のソリューションを導入して、各社のセキュアなIoTエコシステムを拡大できます。」

OT-モルフォはセキュアエレメントやサービスを含め、LoRaベースのIoTネットワークに対する接続機能のセキュリティーを確保するための広範なソリューションを提供しており、お客さまの製品ニーズや使用事例の機密性に応じた適切なセキュリティーレベルを提供します。

LoRaアライアンスは、省電力広域ネットワーク(LPWAN)を標準化して世界中に導入して、IoT、機器間(M2M)通信、スマートシティー、産業アプリケーションを実現するために、業界リーダーが創設したオープンな非営利団体です。アライアンス加盟組織は連携しながら、知識と経験を共有することでLoRaプロトコル(LoRaWAN)の世界的成功を促進し、1つのグローバルオープンスタンダードの使用によって通信事業者間の相互運用性を保証することに取り組んでいます。

------

デジタルセキュリティーと身元識別技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは、インタラクション、支払い、接続、通勤・通学、旅行、さらには投票までを、ネットワーク接続された世界で可能になった方法でできるよう、市民と消費者の力を高めることに、意欲的に取り組んでいます。

私たちのライフスタイルは物理環境・デジタル環境・市民生活・商業の面で一体化が進んでいますが、OT-モルフォはちょうどセキュリティーとアイデンティティーの最高技術を共に活用できる立ち位置にいるため、金融サービス、電気通信、アイデンティティー、セキュリティー、IoTなどの主要業界のさまざまな国際的顧客に、カスタマイズしたソリューションを提供できます。

OT-モルフォの売上高は30億ユーロ近くに達し、1万4000人を超える従業員を抱えています。当社は2017年5月31日に、OT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。暫定的に“OT-モルフォ”と称している新会社は、今年9月に新しい社名を発表します。

詳細情報:
www.morpho.comwww.oberthur.comをご覧ください。
@Safran_Morpho@OT_TheMcompanyをツイッターでフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

OT-Morpho
Press contacts
Isabelle de BUYER, T + 33 (0)1 30 20 22 67
isabelle.de-buyer@morpho.com
または
Julien TAHMISSIAN, T + 33 (0)1 58 47 90 54
julien.tahmissian@havas.com

情報提供元:
記事名:「OT-モルフォがLoRaアライアンスに加盟