東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社 東芝:


カリフォルニア州サンフランシスコ郡上級裁判所による本仮制止命令(Temporary Restraining Order)は、両当事者が裁判所に追加書面を提出するまでの数週間のみ有効なものです。

本仮制止命令に関する手続きでは、引き続き両当事者から多くの書面が提出され、また、裁判所において多くの命令が下されます。当社は今回の命令について不服であり控訴しますが、今回の命令において、特定のデータベースに保存される当社グループの情報についてアクセスを認める必要がないと明確にされたことを歓迎します。

本仮制止命令と多くの同じ争点について審理される7月28日の仮処分手続の審問に向けて準備中です。


Contacts

株式会社 東芝
沼田 知之/平木 香織
03-3457-2100
広報・IR部
media.relations@toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「株式会社 東芝:サンディスク社によるアクセス遮断の仮制止請求に対する命令に関するコメント