ロサンゼルス & 香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ジョージ・タケイ氏がハリウッドのゲーム会社フィフス・ジャーニーにクリエイティブディレクターとして参加し、モバイルゲームの世界に正式に飛び込みます。


当社との初の協力の中で、タケイ氏は新たなコンテンツの開発を支援し、アカデミー賞候補となったライカの映画「Kubo and the Two Strings」に基づくモバイルゲームを促進します。ゲーム「Kubo:A Samurai Quest」は、フィフス・ジャーニーがユニバーサル・ブランド・ディベロップメントおよびライカと提携して開発しました。ライカは、映画「コララインとボタンの魔女」、「パラノーマン ブライス・ホローの謎」、「The Box Trolls」でもオスカー候補になりました。

受賞歴のある俳優で元の映画に出演したタケイ氏は、次のように述べています。「Kuboは若い侍が家族を救うために魔力を使って冒険する物語で、非常に美しい映画です。このゲームに関してフィフス・ジャーニーと仕事をするのが非常に楽しみです。」

フィフス・ジャーニーのクリエイティブディレクターに就任するタケイ氏は、映画の役柄を再び演じ、ライカの革新的で爽快な物語を世界中のモバイルゲーム・ファンに届けるのを支援します。フィフス・ジャーニーがこのゲームのために新たなキャラクターやストーリーを開発するのを助けるタケイ氏は、ハリウッドで最も影響力のある人物の1人となっているソーシャルメディア上でもゲームを促進します。

フィフス・ジャーニー共同創業者のエリック・タンは、次のように述べています。「タケイ氏は素晴らしいストーリーテラーであり、ハリウッドで初めて東洋と西洋の橋渡しをした方の1人です。当社に迎えて、太平洋の両側でゲーム・ファンにKuboの魔法を届けるのを支えていただくのにこれ以上に理想的な方は考えられませんでした。」

フィフス・ジャーニーとタケイ氏の協力は、2016年2月に当社がユニバーサル・ピクチャーズ、ライオンズゲート、MGMとの提携をスタートしたのに続くものです。ユニバーサル、ディズニー、エレクトロニック・アーツ、ルーカスアーツの著名な娯楽業界幹部のチームが設立した当社は、ハリウッドの大手映画会社のために次世代ゲームと双方向エンターテインメントを開発しています。

「Kubo:A Samurai Quest」は、6月30日に世界的にリリースする予定です。このゲームは、2016年8月から限定的にリリースしており、次のリンクからiOSプラットフォーム用とAndroidプラットフォーム用にダウンロードできます:https://kubo.onelink.me/637946220?pid=PR&c=Takei

フィフス・ジャーニーについて

フィフス・ジャーニーは、香港に本社を置く双方向エンターテインメント企業であり、ハリウッドの大手映画会社と提携して次世代のモバイルゲーム、双方向プラットフォーム、仮想現実エンターテインメントを開発しています。当社の株主と戦略的パートナーには、ユニバーサル・ピクチャーズ、ライオンズゲート、MGMが含まれます。

フィフス・ジャーニーは、スターウォーズ、マーベル、DC、ディズニー、ユニバーサル・ピクチャーズ、フォックスのメジャータイトルなど、ハリウッド最大の双方向のヒット作品のいくつかを担当した著名なゲーム開発者と娯楽業界幹部のチームによって設立されました。2015年に設立された当社は、香港に本社を置いています。制作業務はサンフランシスコを拠点とし、世界中でスタジオ業務を行っています。

企業ウェブサイト:www.fifth-journey.com

NBCユニバーサル・ブランド・ディベロップメントについて

NBCユニバーサル・ブランド・ディベロップメントは、革新的な形ある製品やデジタル製品、コンテンツ、消費者体験を通じて、当社の知的財産、フランチャイズ、キャラクター、物語を世界に広げています。フランチャイズ・ブランド管理に加えて、NBCユニバーサル・ブランド・ディベロップメントの中核事業には、消費財、ゲーム、デジタルプラットフォームと、ユニバーサル・ピクチャーズ、イルミネーション・エンターテインメント、ドリームワークス・アニメーション、NBCユニバーサル・ケーブル&テレビジョンが制作した当社の広範な知的財産ポートフォリオに基づくライブエンターテインメントが含まれます。NBCユニバーサル・ブランド・ディベロップメントは、ユニバーサル・フィルムド・エンターテインメント・グループの事業セグメントであり、コムキャスト・コーポレーション子会社のNBCユニバーサルの傘下企業です。

ライカについて

所有者であるナイキ共同創業者のフィリップ・H・ナイト元会長とトラビス・ナイト社長兼最高経営責任者(CEO)のビジョンに支えられている長編映画アニメーションスタジオのライカは、2015年12月に10周年を迎えました。オレゴン州ポートランドのすぐ隣に位置するライカは、2016年に3D印刷の技術革新が評価されてアカデミー科学技術賞を獲得しました。その映画「Kubo and the Two Strings」(2016)、「The Boxtrolls」(2014)、「パラノーマン ブライス・ホローの謎」(2012)、「コララインとボタンの魔女」(2009)の4作品は、すべてがアカデミー賞と全米製作者組合(PGA)賞の最優秀アニメーション部門にノミネートされています。トラビス・ナイトの初監督作品となったKuboは、アカデミー賞最優秀視覚効果部門にノミネートされました。Kuboは、英国アカデミー賞(BAFTA)、3つのアニー賞、全米批評家協会賞、19の地域・批評家グループ賞を受賞しています。「The Boxtrolls」は、放送映画批評家協会賞とゴールデングローブ賞へのノミネートに加えて、13のアニー賞にもノミネートされ、その年に一番多くのノミネートを獲得した映画となりました。「パラノーマン ブライス・ホローの謎」は、BAFTA、放送映画批評家協会賞、GLAADメディア賞にノミネートされ、2つのアニー賞を獲得し、14の批評家グループからその年の最高のアニメ映画と評されました。「コララインとボタンの魔女」は、ゴールデングローブ賞、BAFTA、放送映画批評家協会賞にノミネートされ、全米映画協会(AFI)からその年の最優秀映画10作品の1つに選ばれました。詳細については、http://www.LAIKA.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Fifth Journey
Beverly Tantiansu, +852 5600 3116
Marketing and Community Manager
beverly.tantiansu@fifth-journey.com

情報提供元:
記事名:「ジョージ・タケイ氏がモバイルゲーム・デビュー - フィフス・ジャーニーにクリエイティブディレクターとして参加