英エジンバラ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的な銀行ソフトウェア企業のKALは、近く施行される新決済サービス指令(PSD2)への対応を支援するための新たなオープン・バンキング技術を導入することを発表します。


PSD2により欧州の金融セクターは変貌することになり、いわゆる銀行業界のオープンAPIが確立されます。PSD2は、欧州の決済市場の競争と透明性の拡大、口座へのアクセスの改善、インターネット・バンキングのセキュリティー強化を目的としています。

世界各国のメガバンクへの取引ソフトウェアの提供で実績のあるKALは、銀行が当社の安全で拡張性があり、コスト効率の高いオープン・バンキング・ソリューションであるPSD2向けKTHを活用してPSD2を順守するためのコア技術を提供します。これは、KAL-ペイメンツ戦略の一環としてKALが導入する予定のいくつかの技術のひとつです。

EUの銀行は、2018年1月までにPSD2に対応したAPIの導入を義務付けられており、したがって、PSD2を確実を順守して新たな環境下で主導的な役割を果たすためには、銀行は即座に行動を起こす必要があります。銀行にとって、新たなオープン市場で成功を収めるためには、「SCA(厳格な顧客認証)」を活用したサードパーティーによる安全な顧客データへのアクセスを実現するオープンAPIの導入が不可欠です。

KALのPSD2向けKTH製品は、銀行による必要不可欠なアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)の導入とPSD2に基づく他行の顧客へのサービス提供を実現します。

KALのセールス担当エグゼクティブバイスプレジデントのスティーブ・ヘンスリーは、次のように述べています。「KALは、銀行向けの極めて拡張性の高い安全な取引処理ソフトウェアの提供で長年にわたり優れた実績を築いています。今後、銀行はPSD2施行下の新たな環境に適応した非常に複雑な銀行システムの導入における当社の専門ノウハウを活用し、期限内にコスト効率の高い方法で新規制を順守することができます。これは、銀行が競争を勝ち抜き、規則を満たすことに貢献するものと思われます。」

KALについて
KALは、世界有数のATMソフトウェア企業であり、シティバンク、ウニクレディト、ING、中国建設銀行などの世界的メガバンクの優先サプライヤーです。KALの標準化ソフトウェアを利用することで、銀行はATMネットワークを完全に制御し、コスト削減と競争力向上を実現させています。詳細情報については、www.kal.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください: http://www.businesswire.com/news/home/20170621005618/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

KAL
Steve Hensley
EVP Global Sales
Steve.Hensley@kal.com
+1 513.864-8990

情報提供元:
記事名:「KALが欧州のPSD2施行を前にオープン・バンキング技術を発表