世界中のハッカーでもWibu-Systems社の新しい暗号化スキームをクラックできなかった。

カールスルーヘ, ドイツ--(BUSINESS WIRE)--世界中から数百のハッカー達が参加したハッカーコンテストで、彼らはBlurry Box®(Wibu-Systems社の暗号化テクノロジー)でプロテクトされたゲームのクラックにチャレンジした。しかし、産業界のリーディングカンパニーであるWibu-Systems社のソフトウェアプロテクション技術を誰も破ることはできなかった。



参加者は3週間かけて必死にチャレンジした。その中の2名が成功したと Horst Goertz Institute (HGI) と Institute for Internet Security - if(is)から派遣された審査員に名乗り出たが、どちらも間違っていることが証明され、総金額5万ユーロに対してそれぞれ1,000ユーロ獲得する結果になった。

Wibu-Systems社は約30年間、 デジタルノウハウのプロテクション にフォーカスを当ててきており、CodeMeterを開発した。CodeMeterは、ソフトウェア企業やインテリジェントなデバイスメーカーの知的財産のコピー、模造品、ソフトウェアのリーバースエンジニアリングを守るWibu-Systems社のフラグシップ商品である。数ある優れた機能の1つとして、AxProtectorIxProtectorの暗号化メカニズムがある。AxProtectorはソフトウェア全体を強力に自動暗号化する機能であり、IxProtectorは各モジュール単位で暗号化する機能である。2つの機能を使うことで、現在最強のハッカー対策を実現することが可能になる。

世の中にはより強いプロテクトションを求めるニーズがある。2014年、Wibu-Systems社は、Karlsruhe Institute of Technology, とリサーチセンター FZIとともにBlurry BoxにおいてGerman IT Security Awards で金賞を獲得している。以来、暗号化スキームがCodeMeterに組み込まれ世界的に認められるようになった。各機能の生成、複製、修正、暗号化、トラップや復号遅延によりブルースフォース攻撃を防ぐ。このような強固なデザインにより、Blurry Boxでプロテクトされたソフトウェアの複製を防ぐことができるようになる。

Wibu-Systems社のCEOかつ創立者であるOliver Winzenriedは2017年の Top Embedded Innovator に選ばれ、次のコメントを残している。“今日の世界では、戦場はデジタルの世界へとシフトしています。インダストリー4.0、IoTソフトウェア、デジタルサービスは最強のセキュリティで守られなければなりません。我々の使命はビジネスと個人の生命・財産を安全に守ることです。”


Contacts

Wibu-Systems
Daniela Previtali, Global Marketing Director
Phone +49 721 9317235
daniela.previtali@wibu.com

情報提供元:
記事名:「Blurry Boxのソフトウェアプロテクトは破られず。