米フロリダ州コーラルゲーブルズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- AerSale®は本日、ブラジルの国家民間航空局(ANAC)が燃料タンク可燃性低減(FTFR)規則に則り、当社のAerSafeシステムを航空機ボーイング737 CLシリーズ(ST03589NY)に設置するための追加型式設計承認(STC)を認可したと発表しました。AerSaleのボーイング737 CL/NGシリーズ(ST02980NY)向けSTCは、すでに連邦航空局(FAA)から認可を取得済みです。


AerSaleのNicolas Finazzo最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社のブラジルのお客さまがAerSafeの恩恵を直ちに受けられるようになり、喜ばしい限りです。故障する機械的部品がなく、最短のリードタイムで提供でき、設置も2日間ですむため、AerSafeは急速にFTFR規定に準拠するための容易な選択肢となっています。」

AerSaleが独自に開発した燃料タンク点火緩和手段のAerSafeは、世界中のどこでも設置できる完全なプレファブ・キットです。ボーイング737向けキットは直ちに利用可能なため、事業者はFAAとANACが定めた2017年12月26日の期限に間に合わせることができます。FAAは今後数週間中に、AerSaleのボーイング767シリーズ航空機向けSTCを認可する見通しで、ボーイング757とエアバス320シリーズのSTCは、年内に認可が下りる見込みです。

AerSafeはAerSaleの商標です。世界的な航空リーダーのAerSaleは、中古航空機、エンジン、部品の販売、リース、交換のほか、商用航空機と部品のために広範な保守・修理・整備(MRO)サービスを提供しています。AerSaleは、耐用年数を経た航空機やエンジンの所有者に、資産管理サービスも提供しています。フロリダ州コーラルゲーブルズに本社を置くAerSaleは、米国・欧州・アジアで営業所と業務を維持しています。

詳細については、当社のウェブサイト(www.aersale.com)をご覧になるか、電話(305-764-3200)または電子メール(media.relations@aersale.com)でAerSale Media Relationsまでお問い合わせください。

当社のフォローをお願いします:

リンクトイン | ツイッター | フェイスブック | インスタグラム

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170614006103/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

AerSale
Lyndelle Nieuwkerk, 305-764-3200
media.relations@aersale.com

情報提供元:
記事名:「ブラジルが、航空機ボーイング737クラシックシリーズ向けAerSafe™が燃料タンク可燃性低減規定に準拠していると認可