トタルが主導する研究開発プログラムにより、世界各地の過酷な場所における3D陸上プログラムのデータ取得と処理のサイクル時間を大幅に削減し、HSEパフォーマンスの最適化を目指す

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ワイヤレス・サイズミック(ワイヤレス)、ジオキネティクス、トタルE&Pリサーチ&デベロップメント(トタル)は本日、次世代陸上地震データ取得・処理システムの「マルチフィジックス探査技術統合システム(METIS)」を開発すると発表しました。

トタルが、リアルタイムでワイヤレスの地震データ取得からリアルタイムの処理・解釈まで、地球物理学ワークフローのあらゆる側面を網羅するMETIS研究開発プログラムを立ち上げました。METISは山麓など、まだ見つかっていない炭化水素が残る地質学的に複雑な陸上環境に集中的に取り組みます。

METISの目標は、到達するのが困難な地域における探査評価と掘削パフォーマンスを最適化し、実際に近い3D地表モデルを提供することです。METISはリアルタイムの地球物理学的な自動化された統合型ロジスティックスシステムで、地震データ取得の効率を大幅に高め、優れた3Dデータを分析者に素早く提供しつつ、HSEリスクの負担を最小限に抑えることができます。METIS研究開発プログラムにまず5年間取り組み、最初の大規模な商用試験プロジェクトを2021年に実施することを目指しています。

METISの開発パートナーとして、ワイヤレスは以下のものを提供します。

  • METIS導入で必要となる15万以上のチャンネルに対応できる、リアルタイムの地震データ記録インフラ
  • ワイヤレスの次世代無線技術に基づいた高速リアルタイム無線テレメトリーシステム
  • 空中ドローンから配備するDART(Downfall Air Receiver Technology)という名称の地震データ記録チャンネル

ワイヤレスのミック・ランバート社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ワイヤレス・サイズミックは、METISの主要パートナーとしてトタルと協業できることを誇りに思います。METISは陸上地震のデータ取得の限界を押し拡げる、エキサイティングで野心的なプロジェクトです。」

METIS開発の将来的なパートナーとして、ジオキネティクスは以下のものを提供します。

  • 調査設計やモデリングから高度なデータ取得手法、完全なデータ処理、貯留層解析機能までを含む、統合型の地震ソリューション
  • 過酷な環境でもタイムリーかつ効率的に実行できるように、ロジスティクスとプロジェクト管理の専門知識
  • 業界で認めらているジオキネティクスの運用管理システム(OMS)のほか、QHSEに取り組み、METISの運用的な要素が効果的に管理されるように支援

ジオキネティクスのデイビッド・クローリー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ジオキネティクスは数十年にわたり、数千平方キロメートルに及ぶ人を寄せ付けない地域で、地震データを安全かつ効率的に取得してきた実績を持っています。METISに関してトタルと提携する中で、この経験を活用し、次世代の地震イメージングに貢献していきたいと思います。」

トタルの地球イメージング研究開発プログラムディレクターのフローラン・バティーニは、次のように語っています。「METISによって、トタルは山麓など到達するのが困難な場所における3D地震データの取得とリアルタイム処理に関する課題を解決すべく、主導的な役割を担うことになります。現在そうした課題が原因で、探査の機会があってもその多くは非経済的であり、現場開発を行うのも最適と言うにはほど遠い状況です。地球科学者のために高品質の3D提供を目指すのはもちろんですが、私たちの意気込みの中心にあるのは、最高水準のHSEを備えたMETISの開発です。METISが工業化された暁には、UXOがある地域を含む山麓以外の環境でも、陸上地震のデータ取得の主要技術になる可能性を秘めています。」

ワイヤレス・サイズミックについて wirelessseismic.com

ワイヤレス・サイズミックは、リアルタイムのデータ転送が可能な業界で唯一の完全に拡張可能なワイヤレス地震記録システムを提供して、陸上地震のデータ取得に変革をもたらしています。米テキサス州シュガーランドに本社を置く当社の記録システムは、従来の調査と受動監視プロジェクト向けに、商業的に競争力のある記録システムを提供し、請負業者が最も困難な地震プロジェクトに効率的に取り組めるようにしています。

ジオキネティクスについて geokinetics.com

米テキサス州ヒューストンに本社を構えるジオキネティクスは、陸上・海底の地球物理学解析を手がける世界最大規模の独立企業です。世界中の過酷な環境における地震データの取得・処理を専門にしています。ジオキネティクスのマルチクライアント調査ライブラリーは、2Dおよび3Dデータの両方から成り、北米・ブラジル・メキシコの在来型/非在来型プレイを網羅しています。

トタルについて total.com

トタルは世界で4番目の規模を誇る石油・ガス会社であるほか、世界ソーラー産業における大手統合型企業です。100年近い歴史を持つ当社は、あらゆる形態のエネルギーを発見・生産・変換・販売・供給して、最終顧客にサービスを提供しています。130カ国以上で事業を展開する当社の9万8000人の社員は、可能な限り多くの人々に、より安全かつクリーンで効率的な、革新性とアクセス性に優れたエネルギーの提供に尽力しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Wireless Seismic, Inc.
Scott Williams
swilliams@wirelessseismic.com
or
Geokinetics, Inc.
David Hammer
david.hammer@geokinetics.com
or
Total E&P Research & Development
Florent Bertini
florent.bertini@total.com

情報提供元:
記事名:「ワイヤレス・サイズミック、ジオキネティクス、トタルE&Pリサーチ&デベロップメントが次世代陸上地震データ取得システム「METIS」で提携