パリ & サンティミエ, スイス--(BUSINESS WIRE)--スイスの時計ブランド ロンジンは、パリのフォーブール・サン=トノレ通りにあるロンジンブティックにて、エレガンスアンバサダーの女優ケイト・ウィンスレットとともに「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」を発表しました。彼女の名前を冠したこのモデルは、制作本数が5本と非常に限られた限定モデルで、このうちの3本のが、ケイト・ウィンスレットが共同設立者として立ち上げたチャリティー基金、ゴールデン・ハット財団(Golden Hat Foundation)のオンライン オークションに出品されます。



ロンジンは、2017年6月10日(土)にパリのフォーブール・サン=トノレ通りにあるロンジンブティックにて、エレガンスアンバサダーを務める女優ケイト・ウィンスレットとともに、「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」を発表しました。このモデルには、2017年バーゼルワールドで発表した新作「フラッグシップ ヘリテージ – 60周年モデル 1957-2017」と同じ文字盤の
デザインが使用されています。彼女は、去年スイスにあるロンジン本社に訪問し、文字盤、ケース、ストラップのデザインを選びこのモデルが誕生しました。

この特別なモデルは、ケイト・ウィンスレットが共同設立者として立ち上げたチャリティー基金、
ゴールデン・ハット財団に役立てることを目的とした共同プロジェクトによって生まれました。ゴールデン・ハット財団は、自閉症スペクトルに対する人々の認識を変えることに尽力しています。

計5本のうち、2/5、3/5、4/5のシリアルナンバーが入った3本が、オークションにかけられます。オークションは、2017年6月10日午後6時から6月30日午後5時59分(中央ヨーロッパ夏時間)まで、https://www.longines.com/auctionにて実施されます。そのほかの1本は本人に贈呈され、最後の1本はスイス・サンティミエのロンジン ミュージアムで保管されます。
今回の取り組みが発表されたフランス・パリにあるロンジンのブティックに登場したケイト・ウィンスレットは、ゴールデン・ハット財団に対する取り組みへの熱意を次のように語っています。「ゴールデン・ハット財団用に特別にデザインされたウォッチは、今回私が選ばせていただきました。このスタイルは本当に魅力的で、一目で虜になりました。この時計の販売によるすべての収益は、直接財団に贈られます。ロンジンとのプロジェクトは、私が大切にしている理念への関心を高めてくれるものです。ロンジンの協力と惜しみのない寄付のおかけで、財団は今後も取り組みを続け、目標達成に向かっていきます。」


Contacts

この件に関するお問い合せ先
スウォッチ グループ ジャパン ロンジン事業本部 マーケティング 浅井・北林
TEL:03-6254-7351 / FAX:03-6254-7125
E-mail: Miyuki.Asai@jp.swatchgroup.com / Minoru.Kitabayashi@jp.swatchgroup.com
HP: http://www.longines.jp

情報提供元:
記事名:「ロンジン、限定モデル「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」をオンライン オークションに出品