第3回目で毎年恒例のCESアジアでは、新しい製品カテゴリー、拡張された展示会場、ダイナミックな会議プログラムに注目

米バージニア州アーリントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第3回目となる毎年恒例の2017年CESアジアは中国・上海で明日開幕し、大手技術企業や革新的新興企業が、自社の製品がどのように世界をより良い方向に変えるのかを展示します。22の国や地域から450社以上が出展するCESアジアは、19の製品カテゴリーすべてにわたるあらゆる技術を展示するアジア市場唯一の展示会です。CESアジアは入念に検討され、業界の最も画期的で興奮に満ちた技術を取り上げることに焦点を絞ったイベントであり、アジア市場への参入を目指す企業にとって、他に類を見ないプラットフォームを提供します。全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共催する2017年CESアジアは、6月7~9日に中国・上海で開催されます。


2017年CESアジアで見逃せない点は以下のとおりです。

新しく拡張された展示会場

  • 会場が増え、2016年の4つのホールから5つのホールになっています。
  • BYD、現代(ヒュンダイ)、NEVS、ホンダなどの大手ブランドが最新の自動車技術を紹介します。
  • 自動運転を直接体験できるスペースが拡大され、BMW、コンチネンタル、百度(バイドゥ)インテリジェント・ドライビング・グループの自動運転を体験できます。
  • スタートアップ・パークは世界10カ国・地域から75社以上を集め、主要技術ハブである張江ハイテクパーク(ZJパーク)、フレンチテック、KNU新興企業/起業家財団(KNU Start-up & Entrepreneurship Foundation)、オランダ・イノベーション・ネットワーク深セン・バレー・ベンチャーズ、Tuoniaoなどを中心に展示が行われます。
  • スタートアップ・ステージ(SNIEC、ホールN4)が新しい専用ステージとして設けられ、ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションによるフラッシュ・ピッチ・コンペティションや、スタートアップグループのオーガナイザーによるプレゼンテーションが行われます。
  • 全面的に新たになったCESアジア・イノベーション・アワードでは、19のカテゴリーすべてにわたる最高の技術製品を取り上げます。

まったく新規の製品カテゴリー

  • 拡張/仮想現実の製品カテゴリーは、業界の巨大企業カールツァイスやドリームワールドUSAが中心となっています。
  • ドローンの製品カテゴリーには、Digital Chinaグループ、Motaグループ、YUNEECなどの大手が出展します。
  • モノのインターネット(IoT)の製品カテゴリーには、市場リーダー企業のガーミン、ハイアール、イグルーホーム、JD.com、テンセントなどが出展します。

ダイナミックな会議プログラムに業界最高の専門家が登場

  • ファーウェイ(華為技術)の基調講演には最高執行責任者(COO)のWan Biao氏が登壇し、同社がどのような戦略的ビジョンと業界展望でインテリジェント端末によるより良いエコシステムを構築しようとしているのかを紹介します。(6月7日(水)午前9時30分~午前11時、ケリーホテル、レベル3、グランド上海ボールルーム2-3)
  • マイクロソフトの基調講演にはバイスプレジデントのピーター・ハン氏とロドニー・クラーク氏が登壇し、「可能性を構築」するマイクロソフトのビジョンを紹介します。(6月7日(水)午後4時~午後5時、ケリーホテル、レベル3、グランド上海ボールルーム2-3)
  • 百度(バイドゥ)の基調講演には、百度インテリジェント・ビーイクル部門ゼネラルマネジャーのGu Weihao氏が登壇し、百度の「アポロ計画」について語ります。この計画は、百度が自動車・自動運転業界向けのオープンで完全かつ高信頼性のソフトウエアプラットフォームを提供するものです。(6月8日(木)午前9時30分~午前10時30分、ケリーホテル、レベル3、グランド上海ボールルーム2-3)
  • JD.comの基調講演には最高技術責任者(CTO)のZhang Chen氏とバイスプレジデントのLi Kefeng博士が登壇し、JD.comがどのように人工知能やスマートデバイス、拡張/仮想現実、ビッグデータを活用し、よりスマートで相互接続されたeコマースを実現しようとしているかについて議論します。(6月8日(木)午後4時~午後5時、ケリーホテル、レベル3、グランド上海ボールルーム2-3)
  • エンターテインメント基調講演:楽視影業では、楽視影業会長兼最高経営責任者(CEO)のZhang Zhao氏とル・ビジョン・エンターテインメント社長のアダム・グッドマン氏が映画・メディアビジネスに関する同社の経験や知見、戦略について紹介します。(6月8日(木)午後1時30分~午後2時15分、ケリーホテル、レベル3、グランド上海ボールルーム2-3)
  • スポーツビジネスの革新:技術がスポーツの殻を破るには、NBA中国最高経営責任者(CEO)のデイビッド・シューメイカー氏など、スポーツ業界のあらゆる分野の幹部が登壇します。(6月7日(水)午前11時15分~正午、ケリーホテル、レベル3、Pudong 5-6)
  • ラスト・ガジェット・スタンディング・コンペティションでは、まさに最先端の製品の実際を見ることができます。N5ステージでは、目の前で行われる製品デモを特別な没入型パパラッチ体験として楽しむことができます。(6月7日(水)午前11時~正午、SNIEC、ホールN5、N5ステージ)
  • ロボット・オン・ランウェイは、最先端のロボットがランウェイを歩く、ほかにないイベントです。(6月7日(水)午後2時~午後3時と、6月8日(木)午前10時~午前11時、SNIEC、ホールN5、N5ステージ)

2017年CESアジアに出展する企業の出展内容については、紹介動画リストをご覧ください。参加・出展方法の詳細については、CESAsia.comをご覧ください。

編集者への注記:中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1またはJ-2 ビザが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

CESアジアについて:

全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

全米民生技術協会について:

全米民生技術協会(CTA)は、米国で1500万人以上の雇用を支え、米国の2920億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

上海インテックスについて:

本来、上海インテックス・エキシビションは1995年に設立された先駆的な展示会運営会社である上海インテックスの展示会企画部門でした。上海インテックスは、上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)とPNOエキシビション・インベストメント(ドバイ)リミテッドにより共同で統括されています。1998年以来、上海インテックスは100を超える国際展示会および会議を主催しており、展示総面積は200万平方メートルを超えます。上海インテックスは、クリエイティブ業界のほか、ヘルスケア、ライフスタイル、先進製造、コンシューマー・エレクトロニクスの各業界を網羅する主要な国際イベントの開催で豊富な経験を有する専門家チームにより構成されています。

今後のイベント

  • 2017 年CESアジア– 登録
    6月7〜9日、中国・上海
  • CEOサミット
    6月21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸
  • イノベート!&セレブレート
    10月9〜11日、カリフォルニア州サンフランシスコ
  • CESアンベールド・アムステルダム
    10月26日、オランダ・アムステルダム
  • 2018年CES 
    1月9〜12日、ネバダ州ラスベガス

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Consumer Technology Association
Bernice Morquette, 703-907-7651
bmorquette@CTA.tech
www.CESAsia.com
or
Sarah Brown, 703-907-4326
sbrown@CTA.tech
www.CTA.tech

情報提供元:
記事名:「2017年CESアジアには技術業界の革新的企業が参集