テクノロジー・サービス企業に新たな収益機会を提供

ボストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- www.gmcsoftware.com:顧客コミュニケーション管理(CCM)で受賞歴のあるリーダー企業のGMCソフトウェアは本日、新たに拡大されたパートナー・アドバンテージ・プログラムにビジネス・パートナー・トラックを導入すると発表しました。このトラックは、GMCソフトウェアのあらゆるタイプのパートナーの関与の獲得や能力の強化を目指しています。このビジネス・パートナー・トラックは、導入予定の4つのトラックのうち2番目のものです。1つ目のトラックは、GMCソフトウェアの顧客にシームレスな実装サービスを提供することを目的としたデリバリー・パートナー・トラックで、2017年4月に発表されました。


認定ビジネス・パートナーとなることを認められた企業は、顧客による適切なCCMソリューションの定義、選別、評価、購入を支援することができます。パートナーには、GMCソフトウェア・ソリューション・スイートの再販ならびに金融サービス、保険、医療、さらにこれらの業界にサービスを提供する企業を含むさまざまな垂直業界において顧客に商品・サービスの機能的および技術的な知見を提供することが認められます。GMCソフトウェアとの連携により、テクノロジー・サービス企業はアップセル案件の増加、付加価値商品・サービスの拡充に加えて、新市場へのアクセスを確保し、新たな収益機会を見出すことができます。

GMCソフトウェアのコーポレート・マーケティング担当バイスプレジデントのRob Dalemanは、次のように述べています。「GMCソフトウェア・パートナー・アドバンテージ・プログラムのビジネス・パートナー・トラックを通じて同じ考えを持ったテクノロジー・サービス企業と連携することは、両者の顧客の拡大だけでなく、標準的なビジネス手法としてのCCMの成長を促進する1つの手段となります。世界中の多くのお客様が世界的なオムニチャネルの顧客コミュニケーションを構築できるようにすることにより、顧客が期待する高次元の顧客体験を創り出すことができます。」

GMCソフトウェア・パートナー・アドバンテージ・プログラムには4つのトラックがあり、ビジネス・パートナーは、その個々のビジネスモデルやGMCソフトウェアとの関係によって、デリバリー・パートナー、ビジネス・パートナー、アライアンス・パートナー、ISV/テクノロジー・パートナーの各トラックに分かれます。現在のGMCソフトウェアのパートナーには、キヤノン、ReDigital、コダック、リコー、SCREEN、SocialPath、ゼロックスなど、多数の企業が含まれます。

GMCソフトウェア・パートナー・アドバンテージ・プログラムの詳細情報については、こちらをご覧ください。

GMCソフトウェアについて

GMCソフトウェアは、企業の顧客や従業員とのコミュニケーションを支援しています。GMCソフトウェアは、意味のあるコミュニケーションを適切なタイミングで行うことで組織がコミュニケーション効果を高めることを可能にします。ネオポストデジタルのグループ企業であるGMCソフトウェアは、顧客体験の全体を通じてあらゆるチャネルで文脈に即した個別性の高いコミュニケーションを開発する手段を利用企業に提供しています。顧客コミュニケーションのリーダー企業として、GMCソフトウェアは、世界各地の銀行、保険、医療、サービス企業の顧客やパートナー数千社をサポートしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sterling Kilgore
Sandy Armstrong
Account Executive
+1-630-964-8500
sarmstrong@sterlingkilgore.com

情報提供元:
記事名:「GMCソフトウェア、拡大されたパートナー・アドバンテージ・プログラムにビジネス・パートナー・トラックを導入