PMRソリューションのリーダー企業が革新を続け、またもや業界の前進を実現

香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 革新的な業務用移動無線(PMR)ソリューションを提供する世界一流企業のHyteraは5月16日、香港のアジアワールドエキスポを会場とする2017年世界クリティカル通信会議 (CCW 2017)で、大いに期待されていた当社のLTE-PMR融合ソリューションを正式にリリースしました。



HyteraのLTE-PMR融合ソリューションは、最先端のマルチモード高度無線端末、狭帯域/広帯域インフラ、管理ソフトウエアで構成されます。TETRA、DMR、PDTなどの狭帯域技術の利用により極めて重要な音声サービスを安定的に利用できる状態を確実に維持しながら、機能豊富な広帯域技術を取り入れています。

CCW 2017の初日となる5月16日、本展示会の展示フロアが開場される前に開催したHyteraグローバルサミットにおいて、Hyteraを設立したQingzhou Chen社長は、Hytera研究開発チームの幹部を招いて、当社のユーザー、パートナー、CCW参加各社の代表団と共に、当社の考え方とソリューションについて意見交換を行いました。

Chen社長は、次のように述べています。「私が若い頃に当業界に入ってからの30年間、送受信無線は基本的に変わっていません。しかし過去24年間、Hyteraはユーザーに革新成果をもたらすことに傾注してきました。今日、PMR業界は新時代に突入しており、HyteraのLTE-PMR融合ソリューションは前進するための方法となります。」

Hyteraの研究開発担当副社長を務めるYelin Jiangは、「当社のLTE-PMR融合ソリューションはHyteraにとって新たな節目となる成果であり、市場を一変させるものです。Hyteraはまたも革新を促し、世界のユーザーに最先端の汎用製品を提供します」と述べています。HyteraのLTE-PMR融合ソリューションにより、ユーザーは狭帯域の音声機能と広帯域のデータ通信機能を組み合わせた融合PMRソリューションを活用するとともに、スムーズな移行パスを手に入れることができます。

新たなLTE-PMR融合ソリューションに加え、HyteraはDMR/TETRA対応の端末とインフラなど、狭帯域技術の一連の革新成果も当社ブースで展示しています。Hyteraの次世代の指令制御センターも目玉となり、Hyteraが統合の能力を高めていることを実例で示します。こうした当社の能力により、ユーザーとパートナーは多様な産業において最新のソリューションを開発することができます。

Hytera Communicationsについて

Hytera Communications Corporation Limitedは革新的な業務用移動無線(PMR)ソリューションを提供する世界一流企業であり、そのソリューションは組織効率の改善と世界の安全性向上に貢献しています。中国の深センで1993年に設立されたHytera Communicationsは、PMRソリューションプロバイダーとして規模が世界第2位、成長速度が世界第1位であり、DMRのティア3トランキングプロバイダーとして世界第1位にあります。Hyteraは政府、公共安全、ユーティリティー、運輸、企業、各種事業など、120以上の国と地域のお客さまにサービスを提供しています。Hyteraは2011年に中国で上場し、深セン証券取引所(SHE: 002583)で取引しています。Hyteraの時価総額は上場してから2016年末までに500%成長しました。詳細情報についてはwww.hytera.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hytera Communications Corporation Limited
Media Enquiry
Johnny Jian, +86 755 26972999
johnny.jian@hytera.com
www.hytera.com

情報提供元:
記事名:「HyteraがCCW 2017でLTE-PMR融合ソリューションを初公開